Fate/Grand Orderでは、大ダメージを狙うバスターパやクリティカル主体で戦うクイックパ、宝具の連続発動を狙うアーツパなど様々な特性を持ったパーティーを作ることができます。

パーティーの特性によって必要になってくるサーヴァントや概念礼装が違い、上手く組み合わせることで強力なパーティーを作ることができます。

今回はArtsチェインを繋ぎながらNPを溜めて戦う「アーツパ」について紹介します。

▼ガチャをたくさん回す方法▼

アーツパの詳細

アーツパとは、Artsチェインを繋ぎながらNPを溜めていき、宝具発動を短い頻度で行う戦い方をするパーティーのことです。

Artsチェインを繋ぐことでチェインに使われたサーヴァントのNPを20%チャージすることができ、Arts攻撃でさらにNPが溜まるので宝具を短い間隔で発動することができます。

NP獲得量アップのスキルや概念礼装を使うことでNPの溜まる速度をさらに上げることもでき、上手く使えば宝具発動の次のターンにもう一度宝具を使うことも可能です。

Artsコマンドを3枚持っているキャラが多いキャスタークラスのサーヴァントが使われることが多く、Arts属性宝具を持ったサーヴァントもアーツパで使いやすくなっています。

アーツパの利点と欠点

アーツパには、様々な利点と欠点があります。

アーツパの利点は「短い間隔で宝具発動を狙える」ことであり、攻撃宝具なら宝具発動時に敵に対して大ダメージを狙えます。

HPが高い敵が多く登場するクエストでも宝具によって大ダメージを狙いやすく、Artsチェインを上手く繋げれば毎ターン宝具でダメージを与えていくことも可能です。

アーツパの欠点として、Artsによる攻撃ダメージの低さとボス戦などでは長期戦になりやすい点などが挙げられます。

アーツパの主な攻撃はArtsコマンドによる攻撃と宝具になりますが、Artsコマンドの攻撃で与えられるダメージはあまり高くなく、アーツパのダメージソースとして活躍するのは主に宝具によるダメージとなります。

ボスなどのHPが高い敵に対してはArtsコマンドの攻撃ではあまりダメージを与えられず、宝具を主体に戦っても長期戦になることが多くなっています。

しかし、宝具には防御力ダウンや敵のNP減少などの効果もあり、上手く使うことでバトルを短く終わらせることも可能です。



※アーツパ以外の強力なパーティ編成についてはこちらもご参照ください。
最強!?スター大量生産、クイックパを組んでみよう!
クリティカル命!クリパで敵を一掃!

アーツパのアタッカー役おすすめサーヴァント

アーツパを編成する場合、パーティーの火力役として使うキャラクターとサポート役として使うキャラクターの両方を用意する必要があります。

アーツパの火力役として、「ネロ・クラウディウス(ブライド)」、「両儀式(セイバー)」、「アルトリア・ペンドラゴン(アーチャー)」、「ナーサリー・ライム」、「ギルガメッシュ(キャスター)」、「酒呑童子」、「ヴラド三世」などがおすすめです。

ネロ・クラウディウス(ブライド)

ネロ・クラウディウス(ブライド)は、全てのスキルが味方単体を対象にして発動でき、アーツパの火力、サポート役の両方をこなせるキャラクターです。

スキルの効果で味方にNP獲得量アップ、攻撃力アップ、HP回復+防御力アップなどの効果を付与することができ、自身にもスキルを仕えるので、火力役として使う場合は自身に使い、サポート役として使う場合は味方サーヴァントにスキルを使うなどの使い分けができるのが利点です。

さらにネロブライドはArts属性の単体攻撃宝具を持っていて、自身の攻撃力アップや味方のサポートがあれば、高いダメージを狙うことができます。

Arts属性の宝具と自身のArtsコマンドでArtsチェインも狙いやすく、アーツパでは使いやすい性能を持ったセイバーです。

両儀式(セイバー)

両儀式(セイバー)は、Arts属性の全体攻撃宝具を持ち、さらに即死を狙えるセイバーの星5サーヴァントです。

両儀式の宝具「無垢識・空の境界」は、相手全体にダメージを与えながら確立で相手に即死を付与する効果があり、オーバーチャージすることで即死確立を上昇させることもできます。

アーツパは味方全体の宝具発動を狙いやすいパーティーなので、宝具発動時に宝具チェインでオーバーチャージ効果を得ることができ、即死率をかなり上げることも可能です。

さらにスキル「直死の魔眼」の効果で相手の即死率を下げることもでき、アーツパの火力役をしながら即死狙いができる優秀なキャラクターです。

両儀式の欠点として、即死はサーヴァントやボス系のエネミーには効き辛く、効果が活かせない点が挙げられます。

即死効果は通常のエネミーには大きな役割を果たしますが、ボスやサーヴァントに対してはあまり効果がありません。

クエストによってはボスしか登場しないクエストなどもあり、その場合は両儀式以外のサーヴァントをアタッカーとして使うのがおすすめとなります。

アルトリア・ペンドラゴン(アーチャー)

アルトリア・ペンドラゴン(アーチャー)は、Arts属性の単体攻撃宝具を持ち、Artsコマンドを2枚持ったアーチャーです。

自身のArts性能を3ターン上昇させるスキルを持ち、さらに味方全体の攻撃力アップスキルも持っていて、宝具で高いダメージも期待できるので、アーツパのアタッカーとして活躍させやすい性能を持っています。

さらに自身のNPが減るデメリットがありますが、自身のHPを大幅に回復させるスキルも持っていて、HPが減った際でも自身のスキルで回復することができ、耐久力が高いのも利点の1つとなっています。

Arts性能アップスキル発動中はArts攻撃時のNP獲得量も高く、スターを集めやすいアーチャークラスのサーヴァントなので、スター獲得補助ができるサーヴァント、概念礼装をパーティーに編成していれば、クリティカルで素早いNPチャージと大ダメージを狙うことが可能です。

ナーサリー・ライム

ナーサリー・ライムは、Artsコマンドを3枚持ち、Arts属性の全体攻撃宝具を持った星4のキャスターです。

Artsコマンドが多いのでArtsチェインを狙いやすく、自身のNPチャージスキルも持っているので、素早い宝具発動を狙いやすいキャラクターです。

さらにナーサリーは自身にスター集中状態を付与し、クリティカル威力を上昇するスキルを持っています。

アーツパのサポート役サーヴァントに「2030年の欠片」などのスター獲得礼装を装備させていれば、クリティカルで高いダメージを狙うこともでき、組み合わせ次第でかなりのダメージが期待できる性能を持っています。

ナーサリーの欠点として、宝具のダメージが低めという点が挙げられます。

ナーサリーは自己強化スキルをクリティカル威力アップスキルしか持っておらず、宝具発動時に宝具のダメージアップを狙えるスキルを自身では所持していません。

ナーサリーの宝具威力アップを狙いたい場合には、味方サーヴァントやマスター礼装のスキルなどで補助する必要があり、宝具ダメージが少し低くなりやすいのがナーサリーの欠点となっています。

ギルガメッシュ(キャスター)

ギルガメッシュ(キャスター)は、ナーサリーと同じくArtsコマンドを3枚持ち、Arts属性の全体攻撃宝具を持ったキャスターのサーヴァントです。

ギルガメッシュの宝具「王の号砲」は、相手全体にダメージを与え、さらに味方全体の防御力3ターンアップ、相手の防御力3ターンダウンの効果があり、アーツパで使う場合、3ターン以内の再発動も狙えるので、味方の防御力補助を宝具ですることができます。

さらにギルガメッシュの所持するスキルは全て味方全体に効果が発動し、味方全体のスター発生率アップ、味方全体の攻撃力アップ、味方全体のArts性能アップなどの効果が3ターン発動します。

宝具発動時にスター発生率アップの効果があればスターの大量獲得を狙うことができ、残り2つのスキルも発動していれば高いダメージが期待できます。

スキルで味方全体の補助を行いながら火力役として戦わせることができ、アーツパのアタッカーとしてギルガメッシュは優秀な性能をしています。

酒呑童子

酒呑童子は、Arts属性の全体攻撃宝具を持ち、Artsコマンドを2枚持っているアサシンクラスの星5サーヴァントです。

酒呑童子の宝具「千紫万紅・神便鬼毒」は、相手全体にダメージを与え、さらに多くのデバフ効果を相手に付与することができます。

アーツパで使う場合、宝具の再発動が早めに狙えるので、デバフ効果を連続で付与することもでき、相手の攻撃力、防御力などを大幅に下げることもできます。

さらに味方全体の攻撃力上昇スキルを持っているので、味方サーヴァントの攻撃力アップの補助もでき、魅了スキルで相手の行動を制限することも可能です。

Artsチェインが繋げない場合、酒呑童子のQuickコマンドでスター獲得を狙うこともでき、クリティカル狙いの補助ができるのも酒呑童子の利点の1つとなっています。

ヴラド三世

ヴラド三世は、Arts属性の単体攻撃宝具を持ち、Artsコマンドを2枚持っているバーサーカークラスの星5サーヴァントです。

クラスがバーサーカーなので、通常攻撃、宝具の両方で高いダメージを狙うことができ、宝具発動時に相手に高いダメージを与えながら多くのスターを獲得できます。

ヴラド三世は自身の攻撃力アップ、宝具威力アップのスキルを持ちませんが、バーサーカークラスなので強化スキルがなくてもダメージが高く、味方の補助があればさらに高いダメージを狙っていけます。

ヴラド三世の欠点として、バーサーカークラスなので相手から受けるダメージが高く、回復などの補助がないと素早く倒される場合がある点などが挙げられます。

バーサーカークラスはほぼ全てのクラスから高いダメージを受ける特性があり、倒されやすいクラスとなっています。

ヴラド三世をアーツパに加える場合、HP回復や防御力アップなどの補助が行えるサーヴァントと同時に編成しなければ長い耐久をさせることが難しく、火力役として活躍せずに倒されてしまうこともあるので、パーティーの組み合わせが重要になっています。

▼ガチャをたくさん回す方法▼

アーツパの補助役おすすめサーヴァント

アーツパの補助を行うサーヴァントとして、「玉藻の前」、「諸葛孔明」、「エレナ・ブラヴァツキー」、「ジャンヌ・ダルク」などが挙げられます。

玉藻の前

玉藻の前は、Artsコマンドを3枚持っているキャスタークラスのサーヴァントであり、宝具もArts属性なのでArtsチェインを狙う際にはかなり役立ちます。

玉藻の前の宝具「水天日光天照八野鎮石」は、味方全体のスキルチャージを1早め、さらにHPを回復し、NPをチャージする効果があります。

スキルで味方強化をすることが多いアーツパではスキルチャージ減少はかなり役に立ち、さらにHP回復で味方の耐久がしやすく、NPチャージで宝具の発動も狙いやすくなります。

さらに玉藻の前はスキルで味方単体のArts性能を上昇させることができ、Arts属性の攻撃宝具を持ったサーヴァントの補助を行うことができ、宝具のダメージアップなどに役立ちます。

諸葛孔明

諸葛孔明は、Artsコマンドを3枚持ち、味方の補助スキルを多く持った星5キャスターです。

諸葛孔明の全てのスキルにはNPをチャージする効果があり、第2、第3スキルは味方全体、第1スキルは味方単体のNPを溜めることができ、スキルを使うことで味方の宝具再発動を早めることが可能です。

さらに諸葛孔明の宝具は相手全体のチャージを減らし、防御力をダウンさせ、さらに呪い状態を付与し、確立でスタンを付与する効果があります。

チャージ減少の効果で相手の宝具発動を遅らせることができ、アーツパは宝具再発動が狙いやすいので、相手の宝具発動をかなり遅らせることもできます。

さらに防御力ダウンの効果を複数付与することでArts攻撃でも高いダメージを狙うことができるようになり、アーツパのサポートとしてかなり役立ちます。

エレナ・ブラヴァツキー

エレナ・ブラヴァツキーは、Artsコマンドを3枚持ち、Arts属性の全体攻撃宝具を持った星4キャスターです。

エレナは第1スキルを使うことで味方全体のNPを最大20%チャージすることができ、宝具再発動を狙う際の補助として役立ちます。

さらに第2スキルで毎ターンのスター獲得、第3スキルで味方の各コマンドカードの性能アップを行うことができ、サポートとして役立つスキルが揃っています。

エレナの宝具は相手全体にダメージを与え、さらに防御力ダウン、クリティカル発生ダウン、弱体耐性ダウンの効果を付与することができ、宝具の連続使用ができれば、相手にデバフ効果を複数与えることも可能です。

スキルで味方の補助をしながら宝具で相手にダメージを与えることもでき、エレナはアーツパで使いやすい性能をしています。

ジャンヌ・ダルク

ジャンヌ・ダルクは、バーサーカー、アヴェンジャー以外から受けるダメージが低い「ルーラー」クラスのサーヴァントです。

多くのクエストではダメージをあまり受けずに戦うことができ、Artsコマンドが3枚、宝具もArts属性なので、Artsチェインを狙いやすくできるのも利点です。

さらにジャンヌはスター獲得スキル、サーヴァントに対してスタンを付与するスキル、サーヴァントの宝具威力を下げるスキルを持っていて、スキルで味方の補助や敵の妨害などを行えます。

ジャンヌの宝具「我が神はここにありて」は、自身にスタンが付与されるデメリットがありますが、味方全体に1ターンの無敵状態と3ターンのHP回復効果を付与することができます。

無敵効果で相手の宝具によるダメージを回避でき、さらに毎ターンのHP回復効果で味方の回復もできるので、味方全体の耐久に役立ちます。

ジャンヌはArtsチェインの補助や味方の耐久サポートなど、アーツパの補助役として役立つ性能を持っています。

アーツパは宝具を多く発動しやすく、編成次第で敵単体、全体の両方に大ダメージを狙えるパーティーです。

味方全体のHP回復を行う宝具などはArts属性の宝具も多く、上手く組み合わせることでサーヴァントの長期耐久などもでき、高難易度クエストなどでも活躍できるパーティーとなっています。

 

強力なサーヴァントの入手方法

強力なアーツパを編成するためには、レアリティの高いサーヴァントを引き当てていかなければなりません。

ただ、FGOは高レアリティガチャの排出率が低く設定されているので、引き当てるのはかなり大変です。

そんな状況でもスピーディに強力なサーヴァントを強化するための、

無課金でガチャをたくさん回せる方法をご紹介しておきますので、参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
無課金でガチャを回して強力なサーヴァントを入手する方法

ちなみに、この方法はいつまで有効かわからないので、なるべく早めに試しておいてくださいね!

この方法を活用して速攻で強力なアーツパを編成していきましょう。

フェイトといえばアニメ!

魅力的なキャラクターが大量に登場するFGOですが、フェイトシリーズはほかにもたくさんあり、その軸をなしているはアニメシリーズです。

アニメにハマってFGOも始めた人お多いかと思いますが、数あるアニメシリーズを網羅できている人はまだ少ないのでは?

アニメを見ると登場するキャラクターのことをより深く知ることができるので、FGOの楽しさも倍増しますよ!

アニメシリーズの概要と上手なアニメの見方についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
フェイトシリーズのアニメをチェックしてFGOをもっと楽しむ!

 

アルトリアやエミヤが華麗に飛び回るバトルシーンは必見です。

ゲームに疲れたらアニメで休憩してみるのもいいですね♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事が役に立ちましたら、ブックマーク・SNSでのシェアをよろしくお願いいたします。