Fate/Grand Orderでは、ストーリークエストと呼ばれる物語を読みながら攻略を進めていくクエストが用意されています。

ストーリークエストは進めていくことで攻略難易度が高くなっていくことが多く、第6章、第7章、終章のストーリークエストは攻略難易度がかなり高いクエストも多くあります。

今回は第1部のストーリー終章である終局特異点「冠位時間神殿 ソロモン」の第12節の攻略について紹介します。

▼ガチャをたくさん回す方法▼

冠位時間神殿 ソロモンの第12節の基本情報

冠位時間神殿 ソロモンはFate/Grand Orderの第1部ストーリークエストの最後となるステージです。

ボス系の敵しか登場せず、全ての敵がHP45万以上とかなり高くなっていて、攻略難易度がかなり高いクエストが揃っています。

その中でも第12節に登場する「魔神王ゲーティア」は冠位時間神殿 ソロモンの中でも攻略難易度が一番高い敵となっていて、しっかり対策していても攻略がかなり難しくなっています。

冠位時間神殿 ソロモンの第12節は進行度が2つあり、どちらでも「魔神王ゲーティア」とのバトルになります。

しかし、1戦目は攻略条件を満たすことでクリアとなり、対策していれば簡単にクリアできます。

魔神王ゲーティアの2戦目は相手のHPを0にするまでバトルが続き、さらに相手が特殊スキルの使用なども行うので、攻略難易度がかなり高くなっています。

こちらはしっかり対策していても全滅することが珍しくなく、コンティニュー前提で挑戦するプレイヤーも多くなっています。

さらに魔神王ゲーティアの2戦目ではプレイヤーのパーティーに「マシュ・キリエライト」を編成できなくなっていて、これも攻略が難しくなる理由の1つとなっています。

魔神王ゲーティアをクリアするとストーリーを進めることができ、第13節以降のストーリークエストに挑戦できるようになります。

魔神王ゲーティア1戦目の攻略

魔神王ゲーティアの1戦目は、敵HPが100万と高いですが、決められた条件を満たすことでクエストクリアになります。

1戦目のクリア条件として、魔神王ゲーティアのNPが最大まで溜まり、宝具を発動できる状態になることがクリア条件になっています。

魔神王ゲーティアはチャージが「4」となっているので、最大で4ターン耐える必要がありますが、確率で自身のチャージを溜めるスキルを使用するので、2ターンほどでバトルが終了することも多くなっています。

しかし、魔神王ゲーティアは通常時でも味方全体に攻撃してくるので、油断していると全滅する可能性もあります。

最初に「防御力アップ」、「ダメージカット」などのスキルを使用しておけば、相手のNPが溜まるまで楽に耐久することが可能です。

敵のNPが最大まで溜まるとバトルが終了し、その後物語を読むことで第12節の進行度1はクリアとなります。

魔神王ゲーティア2戦目の攻略

魔神王ゲーティアの2戦目は、1戦目とは違い、敵を倒すまでバトルを行うことになります。

さらにゲーティアのHPが150万に上昇していて、1ターン目に特殊スキルを使うなど、1戦目とは多くの違いもあります。

このバトルでは「マシュ・キリエライト」をプレイヤー自身が所持しているパーティーに編成することができず、マシュを使いたい場合は他プレイヤーがサポートに設定しているマシュを借りる必要があります。

魔神王ゲーティアはバトル開始時、先制で2つのスキルを使用します。

1つ目の先制スキルはバトル中常時ゲーティアの通常攻撃に弱体効果を付与するという能力になっていて、ゲーティアの攻撃を受けたサーヴァントの「攻撃力」、「防御力」、「スター発生率」、「Arts性能」、「Quick性能」、「Buster性能」の中からランダムで3ターンダウンしてしまいます。

連続で攻撃を受けると多くの状態異常が付与されてしまいますが、この能力ダウンは「弱体解除」系のスキルで解除することが可能です。

2つ目の先制スキルとして、バトル開始から3ターンの間、ゲーティアに「宝具ダメージ耐性」、「クリティカル攻撃耐性」が付与されます。

こちらは3ターンの間のみ効果があるスキルですが、味方サーヴァントの宝具によるダメージがほぼ防がれ、さらにクリティカルで大ダメージを狙うことも難しくなっています。

2つ目の先制スキルは「強化解除」などのスキルで解除することが不可能となっているので、宝具、クリティカルで高いダメージを狙いたい場合、このスキルが解除されるまで耐久する必要があります。

さらに魔神王ゲーティアは1ターン目の敵ターンに「人理装填」という特殊スキルを使用します。

人理装填はゲーティアのNPを最大までチャージし、ゲーティアに宝具威力アップと無敵貫通効果を1ターン付与する効果を持っていて、1ターン目からゲーティアは宝具の使用をしてきます。

ゲーティアの宝具は全体攻撃であり、宝具威力アップの効果で「防御力アップ」、「ダメージカット」などを付与していても耐えることが難しくなっています。

さらに無敵貫通効果で「回避」、「無敵」をサーヴァントに付与していてもダメージを食らってしまうので、「ガッツ」以外の耐久スキルで耐えるのが不可能となっています。

人理装填への対策として、「宝具封印」、「スキル封印」、「強化無効状態付与」、「ガッツ付与」などの対策方法があります。

宝具封印を使う場合

宝具封印をゲーティアに付与した場合、1ターン目にゲーティアは宝具の使用をしなくなります。

宝具封印を使用できるキャラとして、「オジマンディアス」、「トーマス・エジソン」、「カルナ」などがいます。

オジマンディアス、トーマス・エジソンは宝具を使うことで相手に宝具封印を付与でき、カルナはスキルを使うことで宝具封印を付与できます。

この方法の欠点として、2ターン目にゲーティアが宝具を使用するので、2ターン目に「防御力アップ」、「ダメージカット」、「回避」、「無敵」などでダメージを抑える必要があります。

しかし、2ターン目には宝具威力アップ、無敵貫通の効果がないので、回避、無敵などのダメージ無効スキルじゃなくても耐えられるのがこの方法の利点にもなっています。

スキル封印を使う場合

スキル封印をゲーティアに付与した場合、ゲーティアは人理装填のスキルを使用しなくなります。

人理装填は1ターン目にのみ発動する特殊スキルとなっていて、ゲーティアがスキルを使用できない状態の場合は発動自体がなくなります。

スキル封印が付与できるキャラクターとして、「マタ・ハリ」、「ガウェイン」、「ダビデ」などがいます。

マタ・ハリはスキルを使ってスキル封印を付与でき、ガウェイン、ダビデは宝具を使うことでスキル封印を付与できます。

しかし、ダビデのスキル封印は確率となっているので、失敗することもあり、その場合はゲーティアがスキルを使用してしまいます。

スキル封印は相手のNPも溜まらないので、1ターン目の宝具発動もなくなり、対策としては一番優秀な方法ですが、スキル封印を付与できるキャラクターを育てておく必要があります。

強化無効状態付与を使う場合

強化無効状態付与をゲーティアに付与する場合、宝具の発動は行われますが、スキルによる宝具威力アップ、無敵貫通の効果が無効化されます。

無敵貫通がないので「回避」、「無敵」でダメージを無効にすることもでき、「防御力アップ」、「ダメージカット」などで耐えることも可能です。

強化無効状態を付与する方法として、「メフィストフェレス」のスキル、「ジャンヌ・ダルク[オルタ]」の宝具、マスター礼装「月の海の記憶」のスキルなどがあります。

この方法はマスター礼装の「月の海の記憶」さえ所持していればできるので、耐久方法としては一番楽な方法となっています。

ガッツで耐える場合

ガッツを味方サーヴァントに付与しておけば、ゲーティアの宝具でHPが0になってもガッツの効果でHPを回復できます。

しかし、ガッツで耐えた場合、1ターン目は耐えることができても2ターン目に回復、防御力アップなどの補助がないとすぐに倒されてしまうという問題が生じます。

ガッツで耐える方法を選ぶ場合、「天の衣」の宝具を1ターン目から使用できる状態を作っておくことをおすすめします。

天の衣の宝具は味方全体にガッツを付与する効果があり、他サーヴァントがガッツスキルを持っていなくても耐えさせることができます。

さらに天の衣のNPを2ターン目以降に素早く溜めることができれば、ガッツでHPが減ったサーヴァントのHPを宝具で回復することもでき、新たにガッツを3ターン付与することが可能です。

上記の方法などで人理装填の効果を耐えることができれば、2ターン目以降にゲーティアは人理装填を使用しないので、敵のダメージを抑えながら戦うことで攻略することが可能です。

しかし、ゲーティアは通常攻撃でも全体攻撃を使うことがあり、さらに自身のNPをチャージするスキルを使用するので、素早く宝具を再発動することもあり、できる限り素早く倒さないと全滅してしまうこともあります。

味方サーヴァントの宝具によるダメージは最初の3ターンは先制スキルの効果で防がれてしまうので、序盤は防御力アップなどのスキルでダメージを抑えながらQuick攻撃などでスターを集め、宝具耐性、クリティカル耐性の効果が消えた後に宝具、クリティカルなどで大ダメージを狙いにいくのがおすすめです。

▼ガチャをたくさん回す方法▼

魔神王ゲーティア攻略のコツ

魔神王ゲーティア戦では、「令呪」の使用やサーヴァントの「絆レベル」が攻略にかなり重要になります。

令呪について

プレイヤーが使用できる「令呪」は、1画使うことで「指定サーヴァントのHPを全回復」又は「指定サーヴァントのNPを100%チャージ」の効果があります。

サーヴァントのHPが少ない状態で回復スキルがない場合、令呪の効果でHPを全回復させることができ、令呪が3画あれば3回まで回復させることが可能です。

令呪のもう1つの効果として、1画使うことでサーヴァントのNPを100%チャージすることもできます。

NPが100%チャージされるので、令呪を使うだけでサーヴァントの宝具を発動することができ、3画あれば最大3回のNPチャージができます。

宝具発動の次のターンに令呪を使って再発動することもでき、宝具の連続発動でゲーティアのHPを大幅に削ることも可能です。

さらに令呪には3画使うことで全滅時の「コンティニュー」を聖晶石を使わずにすることができます。

魔神王ゲーティア戦の途中で全滅してしまった場合、令呪が3画あれば聖晶石を使わずにコンティニューすることができ、さらにコンティニューによって復活したサーヴァントはNPが100%チャージされています。

復活後にすぐに宝具発動もでき、ゲーティア戦では令呪によるコンティニューも攻略にかなり役立ちます。

絆レベルについて

魔神王ゲーティア戦だけではなく、冠位時間神殿 ソロモンでは、サーヴァントの絆レベルによって攻撃力に補正がかかります。

絆レベルによる攻撃力補正は絆レベル5以上から適応され、絆レベルが高いほど攻撃力が上昇していきます。

絆レベルが5の場合は「20%」、6なら「40%」、7なら「60%」、8なら「75%」、9なら「90%」、10なら「100%」となっていて、絆レベルが高いサーヴァントを多くパーティーに編成しておくことで冠位時間神殿 ソロモンのクエスト攻略が楽になります。

この絆レベルの攻撃力補正は自身のサーヴァントだけではなく、サポートとして選べる他プレイヤーのサーヴァントにも適応されていて、魔神王ゲーティア戦などでは他プレイヤーの絆レベル10のキャラクターを借りることで攻略にかなり役立ちます。

絆レベルを上げてからクエストに挑戦することで攻略しやすくなるので、冠位時間神殿 ソロモンのクエストに挑戦する前には、フリークエストなどで絆レベルを上げておくことをおすすめします。

冠位時間神殿 ソロモンの第12節のストーリークエストは攻略がかなり難しいクエストです。

事前にしっかり情報を確認し、令呪でのコンティニューなども視野に入れてクエストに挑戦することをおすすめします。

 

強力なサーヴァントの入手方法

ソロモンの攻略は大変厳しく、「苦戦している」という声を多数耳にしています。

ここまで個々でポテンシャルの高いサーヴァントがパーティにいるだけではクエストの突破は難しく、強力なサーヴァントがパーティで補い合って初めてまともに戦える、という状況になってきます。

パーティ強化に使える、ガチャをたくさん回せる方法をご紹介しておきますので、参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
無課金でガチャを回して強力なサーヴァントを入手する方法

ちなみに、この方法はいつまで有効かわからないので、なるべく早めに試しておいてくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事が役に立ちましたら、ブックマーク・SNSでのシェアをよろしくお願いいたします。