Fate/Grand Orderでは、サーヴァント概念礼装を装備させることでサーヴァントの能力を強化できます。

概念礼装には様々な種類があり、サーヴァントの攻撃能力を上昇させるものや初期NPをチャージしてバトルを開始するもの、クエストクリア時の獲得EXPなどを上昇させるものなどもあります。

今回は星5サーヴァントの1体「山の翁」におすすめの概念礼装と絆礼装について紹介します。

▼ガチャをたくさん回す方法▼

山の翁におすすめの概念礼装

山の翁はBusterコマンドを3枚持ち、攻撃能力がかなり高いアサシンクラスのサーヴァントです。

概念礼装を選ぶ場合、Buster性能アップ、攻撃力アップなどの概念礼装も使いやすいですが、山の翁は宝具で「即死」を狙うこともでき、NPチャージや獲得量アップなどの礼装も装備候補に入ります。

山の翁におすすめの概念礼装として、「リミテッド/ゼロオーバー」、「黒の聖杯」、「ゴールデン相撲~岩場所~」、「ハロウィン・プチデビル」、「ハロウィン・プリンセス」、「カレイドスコープ」などが挙げられます。

リミテッド/ゼロオーバー

リミテッド/ゼロオーバーは、装備したサーヴァントのBuster性能を上昇させる効果を持った概念礼装です。

山の翁はBusterコマンドを3枚持っているので、Buster性能アップ系の概念礼装と相性が良く、宝具もBuster属性なので、宝具のダメージアップにも繋がります。

リミテッド/ゼロオーバーは、Buster性能が通常で「25%」、限界突破済みで「30%」上昇するので、山の翁のダメージアップに繋げやすく、装備させる概念礼装の候補に入りやすくなっています。

リミテッド/ゼロオーバー装備時の欠点として、山の翁はArtsコマンド、Quickコマンドが1枚ずつしかないのでNPを溜めるのが遅く、NPチャージ系スキルも持っていないので、宝具発動が遅くなりやすい点が挙げられます。

山の翁のArts攻撃はNP獲得量が高めですが、コマンドが1枚しかなく、ArtsチェインやクリティカルでNPを多く獲得できないと宝具発動が狙い辛くなっています。

リミテッド/ゼロオーバーを装備させる場合、味方のNPチャージができるサーヴァントと組み合わせるのがおすすめです。

黒の聖杯

黒の聖杯は、装備サーヴァントの宝具威力を上昇させ、毎ターンHPを500減少させるデメリット効果を持った概念礼装です。

宝具威力アップの効果が通常でも「60%」、限界突破済みだと「80%」と高く、宝具発動時に高いダメージが期待できます。

山の翁は宝具に即死効果がありますが、即死の付与は確定ではなく、サーヴァントなどの即死耐性が高い敵には使い辛い効果となっています。

黒の聖杯を装備させることで即死が失敗しても高いダメージを与えやすく、毎ターンのHP減少デメリットもスキルを使うことでHP回復できるので大きな欠点になり辛く、相性が良い概念礼装の1つとなっています。

黒の聖杯装備時の欠点として、通常攻撃でのダメージ上昇には繋がらず、リミテッド/ゼロオーバーと同じくNPチャージが難しい点が挙げられます。

Buster性能アップのリミテッド/ゼロオーバーと比べると宝具威力はかなり上昇できますが、通常攻撃のダメージアップには繋がらず、デメリット効果もあるので、山の翁の耐久力が少し下がってしまいます。

NP補助ができないパーティー編成の場合、黒の聖杯は扱い辛く、効果を活かしきれない場合もあり、リミテッド/ゼロオーバーなどを装備させたほうが効果を活かしやすくなります。

黒の聖杯を装備させる場合には、味方のNP補助ができる「諸葛孔明」、「マーリン」、「エレナ・ブラヴァツキー」、「マシュ・キリエライト」などと組み合わせて使うのがおすすめです。

ゴールデン相撲~岩場所~

ゴールデン相撲~岩場所~は、装備サーヴァントのNPをチャージし、攻撃力を上昇させる効果を持った概念礼装です。

通常だと攻撃力が「10%」アップ、NPチャージが「30%」となっていて、限界突破済みだと攻撃力が「15%」アップ、NPチャージが「50%」に性能が上昇します。

攻撃力アップ効果なのでコマンド関係なくダメージアップに繋がり、EXアタックのダメージアップにも繋がり、山の翁は攻撃タイプの宝具なので、宝具のダメージアップにもなります。

NPチャージ効果があり、限界突破済みだとバトル開始時から50%チャージされているので、Artsコマンドが少ない山の翁でも宝具発動を狙いやすくなります。

さらにゴールデン岩相撲~岩場所~の利点として、イベントで入手できる概念礼装なので、イベント開催時なら入手、限界突破を狙いやすくなっています。

宝具発動が狙いやすくなり、攻撃のダメージアップもできるので、山の翁だけではなく、様々なサーヴァントで扱いやすい概念礼装の1つとなっています。

ハロウィン・プチデビル

ハロウィン・プチデビルは、装備させたサーヴァントのNP獲得量を上昇させ、NPをチャージした状態でバトルを開始する効果を持った概念礼装です。

通常時でNP獲得量アップ効果が「20%」、NPチャージ効果が「50%」となっていて、限界突破を行うとNP獲得量アップ効果が「25%」、NPチャージ効果が「60%」に上昇します。

山の翁はArtsコマンドが1枚しかないキャラクターですが、Arts攻撃時のNP獲得量が高めであり、クリティカルやArtsチェインなどがあればNPをかなり溜めることもできます。

NP獲得量アップ効果があれば素早い宝具発動を狙いやすくなり、初期NPチャージ効果もあるので、宝具発動を狙いやすい概念礼装となっています。

山の翁を即死メインで運用する場合、素早い宝具発動が重要になるので、ハロウィン・プチデビルは装備候補に挙がります。

ハロウィン・プリンセス

ハロウィン・プリンセスは、装備サーヴァントの宝具威力を上昇させ、NPをチャージした状態でバトルを開始する効果を持った概念礼装です。

通常で宝具威力アップ効果が「15%」、NPチャージ効果が「30%」となっていて、限界突破を行うと宝具威力アップ効果が「20%」、NPチャージ効果が「50%」に上昇します。

山の翁のようなArtsコマンドが少ないサーヴァントでもNPチャージ効果で素早い宝具発動が狙いやすく、宝具威力アップで高いダメージを狙うことができます。

ゴールデン相撲~岩場所~と同じくイベントで入手できる概念礼装であり、イベント開催時なら入手、限界突破を狙いやすいのも魅力の1つとなっています。

山の翁の宝具発動時に即死が発動しなくても高いダメージを狙うことができ、NPチャージ効果もあるので、周回などのクエストでも役立つ概念礼装です。

カレイドスコープ

カレイドスコープは、装備サーヴァントのNPをチャージした状態でバトルを開始する効果を持った概念礼装です。

通常時でもNPチャージ効果が「80%」と高く、限界突破済みならNPが「100%」チャージされた状態でバトルを開始できます。

山の翁は宝具で即死を狙うことができ、高HPの敵が登場するクエストでは即死効果が役立つことも多いので、フリークエスト周回時などはNPチャージ系礼装が装備候補に挙がることも多くなっています。

通常状態でもNPチャージ量が高く、素早い宝具発動を狙える概念礼装なので、フリークエストだけではなく、イベントクエストなどでも役立つ機会が多く、様々なサーヴァントと相性が良い概念礼装です。

▼ガチャをたくさん回す方法▼

山の翁・絆礼装「幽谷の淵」

FGOでは、サーヴァントの絆レベルを10まで上昇させると「絆礼装」と呼ばれる特殊な概念礼装を報酬として貰えます。

サーヴァントによって絆礼装の効果が違っていて、絆礼装は味方全体に効果が及ぶものも多くなっています。

山の翁の絆礼装「幽谷の淵」は、山の翁に装備した際に自身の弱体耐性を100%アップさせる効果を持っています。

効果は自身のみですが、弱体耐性が100%アップするので、敵から受ける攻撃力ダウン、防御力ダウン、クリティカル威力ダウンなどのデバフ効果をほとんど受けなくなります。

山の翁はクラススキルの効果で「魅了」に対する耐性があり、即死を無効にする効果もあるので、弱体耐性をアップさせておくと多くのデバフ効果に対しての耐性を付けることが可能です。

周回などでは役立つ機会が少ないですが、高難易度イベントなどの敵が様々なスキルを使うクエストでは役立つことも多く、弱体耐性アップの効果を活かしやすくなっています。



山の翁はアタッカー役や即死役など、運用方法次第で装備させる概念礼装も大きく変わります。

アタッカーとして使う場合は攻撃力アップ、性能アップ系の概念礼装を装備させ、他の運用方法の場合はNPチャージやNP獲得量アップの概念礼装を装備させておくのがおすすめです。

 

強力なサーヴァント・概念礼装の入手方法

山の翁や山の翁と相性のよい概念礼装を入手するには、ガチャをたくさん回す必要があります。

ただ、ガチャを回したくても普通にプレイしていたら回数に限界がありますよね。

実は、ちょっとした工夫でガチャをたくさん回すことができます。

ガチャをたくさん回して、最速でパーティを強化していただくために、

ガチャをたくさん回せる方法をご紹介しておきますので、参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
無課金でガチャを回して強力なサーヴァントを入手する方法

ちなみに、この方法はいつまで有効かわからないので、なるべく早めに試しておいてくださいね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事が役に立ちましたら、ブックマーク・SNSでのシェアをよろしくお願いいたします。