Fate/Grand Orderでは、月に数回期間限定イベントが開催されることがあり、一部イベントは特定条件を満たしたプレイヤーのみが参加できるようになっています。

攻略が難しい高難易度イベントはストーリーがある程度進んでいるプレイヤーのみがイベントに参加することができ、サーヴァントが育っていても攻略が難しいクエストが用意されていることもあります。

今回は高難易度イベントの1つ岩窟王イベント「監獄塔に復讐鬼は哭く」について紹介します。

▼ガチャをたくさん回す方法▼

監獄塔に復讐鬼は哭くの基本情報

監獄塔に復讐鬼は哭くは2016年3月に開催された高難易度イベントです。

2017年1月末に復刻も行われていて、初回、復刻のどちらでも期間限定召喚でアヴェンジャークラスの「岩窟王 エドモン・ダンテス」のピックアップが行われています。

監獄塔に復讐鬼は哭くイベントは第4章「死界魔霧都市 ロンドン」のストーリークエストをクリアしたプレイヤーのみが参加することができ、復刻時も同条件のプレイヤーが参加できるイベントとなっています。

他のイベントと違う点として、周回向けのクエストがなく、イベントのストーリークエストをクリアするのみのイベントとなっています。

しかし、岩窟王イベントのストーリークエストは他にイベントに比べて攻略難易度が高くなっていて、クエストを攻略することで「呼符」、「伝承結晶」などの報酬も貰えます。

復刻版の岩窟王イベントでは、新規要素として「チャレンジクエスト」が追加されていて、チャレンジクエストは終章「冠位時間神殿 ソロモン」をクリアしたプレイヤーのみが参加できる要素となっています。

岩窟王イベントのストーリークエストは全部で7クエストあり、最終クエスト「第七の扉」のみ進行度が2つあります。

監獄塔に復讐鬼は哭くのストーリークエスト攻略

岩窟王イベントのストーリークエストは最初の「第一の扉」から最終の「第七の扉」までの7クエストがあり、各クエストで様々なエネミーやサーヴァントが登場します。

さらに岩窟王イベントでは、第七の扉のクエスト以外はサポート枠でフレンドを選ぶことができず、ゲストサーヴァントの「岩窟王 エドモン・ダンテス」のみがサポートとして使えます。

フレンドの強力なサーヴァントを借りることができないのでパーティー編成が重要になり、有利クラスのサーヴァントを用意できない場合は攻略が難しくなります。

第一の扉

岩窟王イベントの1つ目のストーリークエスト「第一の扉」では、セイバー、アーチャー、ランサー、キャスターのエネミーとアサシンのサーヴァント「ファントム・オブ・ジ・オペラ」が登場します。

敵のクラスが複数ありますが、バトル1で登場するランサークラスの敵はHPが「7000」ほどと低いので対策しなくても倒すことができます。

バトル2では、アーチャークラスのスケルトンが2体、キャスターのシャドウサーヴァントが1体登場します。

スケルトンはHP46000ほど、シャドウサーヴァントは83000ほどとなっていて、弱点クラスのランサー、ライダーを用意しておくと素早く倒すことができます。

バトル3では、セイバークラスのスケルトンが2体とアサシンクラスのサーヴァント「ファントム・オブ・ジ・オペラ」が登場します。

セイバーのスケルトンはHPが60000ほど、ファントムはHP19万以上とかなり高くなっていて、有利クラスのサーヴァントがいないと倒すのに時間がかかってしまいます。

さらにファントムは味方全体にQuickダウンを付与するスキルを使用するので、Quick攻撃、宝具のダメージが減少し、スター発生率が悪くなるというデメリットもあり、パーティー編成次第では攻略が難しくなるので注意が必要となっています。

ファントム攻略におすすめサーヴァント

第一の扉では、HPの高いエネミーや強力なサーヴァントが登場するので、各エネミーに対して有利クラスを持ったサーヴァントを組み合わせてパーティーを組むと攻略が楽になります。

第一の扉二登場するファントム攻略におすすめのサーヴァントとして、「ギルガメッシュ」、「玄奘三蔵」などが挙げられます。

ギルガメッシュ

ギルガメッシュはバトル3のスケルトン、ファントム対策として役立つアーチャークラスの星5サーヴァントです。

ギルガメッシュは全体攻撃宝具を持っていて、アーチャーなのでバトル3のスケルトンを宝具で素早く倒すことができ、さらに宝具に「サーヴァント特攻」効果があるので、ファントム対しても宝具で高いダメージが狙えます。

スキル「カリスマ」を使うと味方全体の攻撃力アップができ、さらにスキル「バビロンの蔵」を使うと自身にスター集中状態を付与し、NPをチャージできるので、クリティカルで高いダメージを狙ったり、素早い宝具発動を狙ったりなどの戦い方もできます。

ギルガメッシュ編成時の欠点として、バトル1に登場するランサーには高いダメージが期待できず、逆に自身が大ダメージを受ける可能性もあるので、序盤は控えにおいておき、マスタースキルの「オーダーチェンジ」などで入れ替えるなどの対策をしておくとHPを残した状態でバトル3で活躍させることができます。

玄奘三蔵

玄奘三蔵はファントムに対して有利クラスのキャスターのサーヴァントであり、単体攻撃宝具を持ったキャラなので、ファントムに高いダメージが期待できるキャラクターです。

玄奘三蔵の宝具「五行山・釈迦如来掌」は敵単体にダメージを与え、クリティカル発生率を下げる効果があり、さらに三蔵はNPチャージ+宝具威力アップのスキルを持っているので、宝具を使うことでファントムに高いダメージが狙えます。

味方の補助や概念礼装次第で10万以上のダメージを狙うことができ、ファントムを素早く倒す際に火力役として役立つ性能を持っています。

しかし、三蔵はファントム以外には高いダメージが期待できないので、他のエネミーは味方サーヴァントに任せる必要があります。

第二の扉

第二の扉では、キャスター、アサシン、バーサーカーのエネミーとセイバーのサーヴァント「フェルグス・マック・ロイ」が登場します。

第二の扉は敵の総数が少ないですが、高HPの敵が登場するクエストとなっています。

バトル1では、アサシンクラスの「キメラ」が2体登場し、2体ともHPは15000ほどとなっているので、キャスター、バーサーカーのサーヴァントで対策しておくと素早く倒すことができます。

バトル2では、キャスタークラスの「デーモン」が登場し、デーモンはHPが12万以上と高くなっています。

ライダークラスで単体攻撃宝具を持った「オジマンディアス」、「坂田金時(ライダー)」などがいれば素早く倒すことができるので、パーティーに1体ライダーを入れておくことをおすすめします。

バトル3では、セイバーのサーヴァント「フェルグス・マック・ロイ」とバーサーカーのキメラが登場します。

フェルグスはHPが20万ほどと高く、キメラもHPが7万以上あり、全体攻撃宝具を持ったアーチャーでキメラを倒した後にフェルグスを削ったり、単体攻撃宝具持ちアーチャーでフェルグスを先に倒し、キメラを後に残すなどの攻略法があります。

フェルグス攻略におすすめのサーヴァント

フェルグスはセイバークラスのサーヴァントであり、同時に登場するキメラはバーサーカーのエネミーなので、アーチャークラスのサーヴァントで対策すると素早く倒すことができます。

おすすめのサーヴァントとして、「ギルガメッシュ」、「オリオン」、「エウリュアレ」などが挙げられます。

ギルガメッシュ

ギルガメッシュは「サーヴァント特攻」効果を持った全体攻撃宝具持ちのy星5アーチャーです。

サーヴァント特攻と有利クラスの効果でフェルグスのHPを大幅に削ることができ、全体攻撃宝具なので同時にキメラを削ることもできます。

スターを生み出せる味方がいればクリティカルを狙うこともでき、フェルグスを素早く倒す際にはかなり役立ちます。

オリオン、エウリュアレ

オリオンとエウリュアレは共に「男性特攻」を持ったアーチャーです。

フェルグスは男性のセイバーなので、オリオン達が持つ男性特攻効果と有利クラスが重なり、高いダメージを狙うことができます。

オリオン、エウリュアレ共に宝具の一撃でフェルグスのHPを削りきることもでき、素早くフェルグスを倒したい際にはかなり役立つ性能を持っています。

しかし、ギルガメッシュと違いオリオン達は単体攻撃宝具でフェルグスのみにダメージを与えることになるので、キメラ対策として別のサーヴァントを用意しておくと攻略が楽になります。

第三の扉

第三の扉では、ライダー、アサシン、バーサーカーのエネミーとキャスターのサーヴァント「ジル・ド・レェ」が登場します。

バトル1では、HP10000付近のバーサーカーが登場しますが、バーサーカークラスなのでどのクラスで攻撃しても高いダメージが与えやすく、素早く全体攻撃宝具を発動できる場合、1ターンで倒すこともできます。

バトル2では、HP12万以上のバーサーカーのエネミーが登場します。

HPが高いですが、敵は1体しか登場しないので、単体攻撃宝具などで大幅にHPを削ることができれば素早く倒すことができます。

バトル3では、ライダー、アサシンクラスの「デーモン」とキャスターのサーヴァント「ジル・ド・レェ」が登場します。

デーモンはHPが78000以上と高めであり、同時に登場するジル・ド・レェはHPが20万以上と高く、NP減少スキルを使用するので、できる限り素早くジル・ド・レェを倒し、その後にデーモンを対処する攻略法がおすすめです。

ジル・ド・レェ攻略におすすめのサーヴァント

ジル・ド・レェはキャスタークラスのサーヴァントなので、ライダークラスの単体攻撃宝具持ちサーヴァントなどがいると攻略が楽になります。

攻略におすすめのサーヴァントとして、「オジマンディアス」、「坂田金時(ライダー)」などが挙げられます。

オジマンディアス

オジマンディアスはBuster属性の単体攻撃宝具を持ち、高いダメージを狙いやすいライダークラスのサーヴァントです。

第1スキル「カリスマ」で味方全体の攻撃力アップ、第2スキル「皇帝特権」で確立で自身の攻撃力アップができ、第3スキルのスキルレベルが高いと皇帝特権の攻撃力アップを確定で発動できます。

さらに第3スキルには味方全体のNPチャージ効果もあり、宝具発動が狙いやすく、ジル・ド・レェ対策として使いやすい性能を持っています。

坂田金時(ライダー)

坂田金時(ライダー)はQuick属性の単体攻撃宝具を持ち、自己強化スキルを重ねて使うことで高いダメージを狙いやすい星4ライダーです。

第1スキルを使うことで宝具と同じQuick属性の強化ができ、第2スキルを使うことで最大50%のNPチャージができるので、素早い宝具発動が狙いやすくなっています。

自身のスキル、概念礼装で宝具威力を底上げすることで1ターンでジル・ド・レェを倒しきることもでき、ジル・ド・レェの素早い撃破に役立ちます。

▼ガチャをたくさん回す方法▼

第四の扉

第四の扉では、セイバー、ランサー、ライダーのエネミーとセイバー、ルーラークラスのサーヴァントが登場します。

バトル1では、ランサークラスの敵が3体出現しますが、HPが1万以下と低く、セイバー以外のクラスでも簡単に倒すことができます。

バトル2では、セイバーの敵が2体、ライダーの敵が1体出現し、セイバーはHPが50000ほど、ライダーは92000ほどとなっています。

ライダーの敵のHPが高いので、アサシンクラスのサーヴァントを1体入れておくと素早く倒すことができます。

バトル3では、HP94000ほどのセイバーのエネミー、HP18万のセイバーのサーヴァント「ジル・ド・レェ」、HP17万以上のルーラーのサーヴァント「ジャンヌ・ダルク」が登場します。

ルーラーはアヴェンジャー、バーサーカー以外ではダメージを与え辛く、それ以外のクラスで挑戦した場合は倒すのに時間がかかってしまいます。

さらにジャンヌは宝具で敵全体に無敵を付与するので、できる限り素早く倒すことで攻略が楽になります。

ジャンヌ、ジル・ド・レェ攻略におすすめのサーヴァント

第四の扉では、「ジャンヌ・ダルク」と「ジル・ド・レェ」が同時に出現するので、どちらも対策しておく必要があります。

しかし、どちらも宝具は敵に対してダメージを与えるものではなく味方の補助を行うものなので、弱点クラスのサーヴァントを用意しておくとダメージを抑えながら戦えます。

ジャンヌ、ジルへの対策として、「エウリュアレ」、「岩窟王 エドモン・ダンテス」などのサーヴァントを使うのがおすすめです。

エウリュアレ

エウリュアレはジル・ド・レェへの対策として使える星3のアーチャーです。

宝具に「男性特攻」効果を持ち、ジルに対して有利クラスのアーチャーなので、宝具を発動するだけでジルにかなりのダメージを与えられます。

サーヴァント強化クエスト攻略済みなら宝具と同じArts性能をアップするスキルも持ち、宝具の一撃でジルを倒しきることも可能です。

さらにエウリュアレはバトル3に登場するエネミーに対しても高いダメージが狙えるので、ジャンヌ以外の敵の対策として使いやすいサーヴァントです。

岩窟王 エドモン・ダンテス

岩窟王 エドモン・ダンテスはジャンヌ・ダルクへの対策として使える星5のアヴェンジャークラスのサーヴァントです。

ルーラーに対して有利相性を持ち、自己強化スキルも持っているので、通常攻撃、宝具のどちらでもジャンヌに対して高いダメージを与えられます。

さらに宝具は全体攻撃なので他の敵のHPを削ることもでき、岩窟王はサポートサーヴァントとして選択できるので、NPチャージ補助さえできればバトル3の素早いクリアに役立ちます。

第五の扉

第五の扉では、ランサー、アサシンクラスのエネミーとバーサーカークラスのサーヴァント「カリギュラ」が登場します。

他のクエストに比べて登場する敵のクラス種類が少なく、セイバー、キャスターのサーヴァントがいればクリアしやすいクエストとなっています。

バトル1では、ランサークラスのエネミーが2体登場しますが、敵のHPは10000以下と低いので、セイバークラスのサーヴァントがいると簡単に倒すことができます。

バトル2では、HP80000付近のアサシンのエネミーが2体とHP11万ほどのランサーのエネミーが登場します。

アサシンのエネミーが2体登場するので、全体攻撃宝具を持った「レオナルド・ダ・ヴィンチ」、「エリザベート・バートリー[ハロウィン]」などがいると攻略が楽になります。

バトル3では、HP7万近くのランサーのエネミーが2体とHP24万のバーサーカーのサーヴァント「カリギュラ」が登場します。

カリギュラはバーサーカーなので長期戦になると大ダメージを受けて負ける可能性があるので、できる限り素早く倒す攻略法がおすすめとなっています。

カリギュラ攻略におすすめのサーヴァント

カリギュラはバーサーカークラスのサーヴァントなので、どのクラスのサーヴァントでも高いダメージを簡単に狙えます。

同時に出てくるランサーも処理できるので、セイバークラスのサーヴァントを使うと攻略が楽になります。

カリギュラ対策におすすめのサーヴァントとして、「アルテラ」、「アルトリア・ペンドラゴン[オルタ]」などが挙げられます。

アルテラ

アルテラは全体攻撃宝具を持ち、自己強化スキルも持っているセイバークラスの星5サーヴァントです。

アルテラの宝具「軍神の剣」は、敵全体にダメージを与え、防御力をダウンさせる効果があり、第1スキル、第3スキルと組み合わせて使うことで高いダメージを出しやすくなっています。

さらに第2スキルが強化後ならクリティカルを狙いやすく、宝具の防御力ダウンを活かしてカリギュラを数ターンで倒しきることも可能です。

アルトリア・ペンドラゴン[オルタ]

アルトリア・ペンドラゴン[オルタ]は高い宝具ダメージが狙える星4のセイバーです。

第1スキル、第3スキルを使うことで宝具のダメージアップができ、元の宝具威力も高めなので、カリギュラのHPを大幅に削ることができます。

カリギュラと同時にランサーのエネミーを倒すこともでき、バトル3の素早い攻略に役立つセイバーです。

第六の扉

第六の扉では、ライダー、キャスタークラスのエネミーとルーラークラスのサーヴァント「ジャンヌ・ダルク」と「天草四郎」が登場します。

バトル1では、HP10000ほどのキャスタークラスのエネミーが3体登場します。

敵のHPが低いのでライダークラスのサーヴァントがいると簡単に倒すことができ、ライダー以外のサーヴァントでも楽に倒すことが可能です。

バトル2では、HP20万のライダークラスのエネミーが登場します。

敵は1体だけですが、HPが20万ほどと高いので、単体攻撃宝具を持った「ジャック・ザ・リッパー」、「両儀式(アサシン)」などがいると倒すのが楽になります。

バトル3では、ルーラークラスのサーヴァント「ジャンヌ・ダルク」と「天草四郎」が同時に登場します。

敵はルーラークラスなので、サポート枠で選べる「岩窟王 エドモン・ダンテス」をバトルに出しておくと大ダメージが狙いやすく、素早く倒すことができます。

しかし、ジャンヌ、天草はスタンスキルなどを使用するので、スキルの使用頻度によっては攻略が長引く可能性があり、天草の宝具で大ダメージを受けることもあるので、弱体解除などの対策があると安定して攻略できます。

ジャンヌ、天草攻略におすすめのサーヴァント

第六の扉に登場するジャンヌ、天草はルーラークラスのサーヴァントなので、アベンジャー、バーサーカークラスのサーヴァントを使うと高いダメージを与えられます。

攻略におすすめのサーヴァントとして、「岩窟王 エドモン・ダンテス」、「クー・フーリン[オルタ]」などが挙げられます。

岩窟王 エドモン・ダンテス

岩窟王 エドモン・ダンテスはルーラーに対して高いダメージが狙えるアヴェンジャークラスのサーヴァントです。

岩窟王イベントでは最終クエスト以外はエドモン・ダンテスをサポートとして選ぶことができ、NP補助さえできれば第六の扉では火力役としてかなり役立ちます。

全体攻撃宝具なのでジャンヌ、天草の両方に高いダメージが狙え、通常攻撃でも大ダメージを与えることができ、火力役として優秀な性能を持っています。

クー・フーリン[オルタ]

クー・フーリン[オルタ]は耐久力が高いバーサーカークラスのサーヴァントです。

バーサーカーなのでバトル3だけではなく、バトル2などの敵の対策としても役立ち、宝具を使うことで敵単体に対して高いダメージを与えられます。

バトル3への対策として使う場合、天草を素早く倒すことでクー・フーリン[オルタ]が倒される確立がかなり低くなり、安定した攻略ができます。

▼ガチャをたくさん回す方法▼

第七の扉 進行度1

岩窟王イベントの第7の扉は、唯一進行度が2つあるクエストとなっています。

進行度1はバトルが2つしかなく、敵もアサシンクラスのみとなっているので、キャスターのサーヴァントがいると攻略が楽になります。

バトル1では、HP10000ほどのアサシンが3体、23000ほどのアサシンが2体、81000ほどのアサシンが1体登場します。

最初はHP10000ほどのアサシンが登場しますが、倒すと増援としてHPが高いアサシンが登場するので、全体攻撃宝具を持ったキャスターを用意しておくとHPを大幅に削ることができ、素早くクリアすることができます。

バトル2では、HP45万ほどのアサシンのゴースト系エネミーが1体登場します。

HPが45万とかなり高く、敵からの攻撃は全体攻撃なので、キャスター以外のサーヴァントは数ターンで倒されることもあります。

長期戦になりやすいので、控えを含めてキャスターのサーヴァントが複数いるとダメージを抑えながら戦えます。

進行度1攻略におすすめのサーヴァント

第七の扉 進行度1はアサシンの敵しか登場しないので、キャスタークラスのサーヴァントで挑むと攻略が楽になります。

進行度1の攻略におすすめのサーヴァントとして、「玄奘三蔵」、「ギルガメッシュ(キャスター)」、「メディア[リリィ]」などが挙げられます。

玄奘三蔵

玄奘三蔵はBuster属性の単体攻撃宝具を持ったキャスタークラスの星5サーヴァントです。

バトル2に登場する高HPゴーストに対しての火力役として役立ち、NPチャージスキルで素早い宝具発動も狙えます。

味方の攻撃力アップ補助があると宝具発動時に高いダメージを狙うことができ、概念礼装も宝具威力アップ効果を持ったものを装備させておくことで宝具でHPを大幅に削ることができ、素早く倒すことが可能です。

ギルガメッシュ(キャスター)

ギルガメッシュ(キャスター)はArts属性の全体攻撃宝具を持った星4のキャスターです。

バトル1で宝具を使うことで素早い敵の殲滅を狙うことができ、スキルが味方全体に対して発動する強化スキルとなっているので、味方の補助をしながら戦えます。

ギルガメッシュは宝具と第1スキルを組み合わせるとスター獲得を狙えるキャスターなので、スター集中+クリティカル威力アップスキルを持った「ナーサリー・ライム」などと組み合わせて使うとクリティカルでバトル2のゴーストを大幅に削るなどの戦い方もできます。

メディア[リリィ]

メディア[リリィ]はHP回復に長けているキャスタークラスの星4サーヴァントです。

味方全体に対して高いHP回復ができ、バトル2が長期戦になった場合、キャスタークラスのサーヴァントでも長期耐久が難しいので、メディア[リリィ]などの回復役がいると安定して攻略することができます。

キャスタークラスなので敵に対してもある程度のダメージが期待でき、長期戦を狙う場合にはかなり役立つ性能を持っています。

第七の扉 進行度2の攻略

第七の扉の進行度2は岩窟王イベントの他クエストとは違い、サポート枠としてフレンドのサーヴァントを借りることができます。

進行度2では、敵としてアヴェンジャーの「岩窟王 エドモン・ダンテス」が登場します。

エドモンはHPが51万と高めであり、クラスがアヴェンジャーなのでバーサーカー以外では高いダメージを狙い辛く、敵から受けるダメージも抑え辛いので、長期戦になると攻略が難しくなっています。

エドモンとの戦いでは、宝具などで大ダメージを与えて素早く倒す方法が一番安定したクリア方法となっています。

エドモン・ダンテス攻略に役立つおすすめサーヴァント

第七の扉の進行度2に登場する岩窟王 エドモン・ダンテスは、アヴェンジャーなのでバーサーカー以外は等倍のダメージしか与えられない敵となっています。

しかし、バーサーカーは敵から受けるダメージが高くなり、素早く倒されやすいので、耐久力が低いバーサーカーは数ターンで倒されることも多くなっています。

エドモン攻略に役立つサーヴァントとして、「クー・フーリン[オルタ]」、「坂田金時」、「エウリュアレ」などが挙げられます。

クー・フーリン[オルタ]

クー・フーリン[オルタ]は耐久スキルを多く持ち、バーサーカーながら長い耐久が狙いやすいサーヴァントです。

アヴェンジャーのエドモンに対しても高いダメージを与えやすく、エドモン戦での火力役として使いやすい性能を持っていて、宝具を使うことでかなりのダメージを狙えます。

クー・フーリン[オルタ]編成時の注意点として、エドモンは無敵貫通スキルを持っているので回避を付与していてもダメージを受けることがあります。

ガッツスキルがあるので1ターンで倒されることは少ないですが、HPが大幅に削られるので、回復持ちサーヴァントなどと組み合わせて使うことをおすすめします。

坂田金時

坂田金時は高いダメージを狙いやすく、素早い宝具発動もできるバーサーカーのサーヴァントです。

第1スキルで自身のダメージアップができ、第2スキルでNPを最大50%チャージできるので、宝具によって相手のHPを大幅に削ることができます。

坂田は耐久スキルを第3スキルのHP回復しか持っていませんが、宝具、通常攻撃で高いダメージが狙えるので、倒される前に宝具を使ってHPを大幅に削り、そのまま控えのメンバーに任せるなどの戦い方ができます。

エウリュアレ

エウリュアレは男性に対して高いダメージを狙いやすい星3のアーチャーです。

エドモン・ダンテスは男性のサーヴァントなので、エウリュアレなどが持つ「男性特攻」効果で高いダメージを与えやすく、エウリュアレは自身のNPをチャージできるので、素早い宝具発動を狙いやすくなっています。

宝具と同じArts属性強化のスキルもあり、概念礼装や味方サーヴァントの組み合わせ次第で数ターンでエドモンのHPを半分以上削ることも可能です。

岩窟王イベントは攻略難易度が高めのクエストが多く、フレンドのサーヴァントを最終クエスト以外借りれないので、自身のサーヴァントを育てていないと攻略が難しくなっています。

イベントに挑戦する前に自身のサーヴァントを複数育てておき、対策しておくことで各クエストの攻略が楽になり、全クエストクリアを目指せます。

 

強力なサーヴァントの入手方法

岩窟王イベント「監獄塔に復讐鬼は哭く」はボリュームが多く、様々な敵を相手にしなければなりませんので、各クラスの強力なサーヴァントがパーティにいないとクリアが難しくなっています。

オススメのサーヴァントを紹介させていただきましたが、どれもレアリティが高く、ガチャで引き当てるのはなかなか大変ですよね。

無課金派プレイヤーの方や課金派程々に派の方にはかなりきついと思います。

そこで、そんな方でも最速でパーティを強化できる、

無課金でガチャをたくさん回せる方法をご紹介しておきますので、参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
無課金でガチャを回して強力なサーヴァントを入手する方法

ちなみに、この方法はいつまで有効かわからないので、なるべく早めに試しておいてくださいね!

この方法を活用してサクッとイベントを突破してしまいましょう(^^

フェイトといえばアニメ!

魅力的なキャラクターが大量に登場するFGOですが、フェイトシリーズはほかにもたくさんあり、その軸をなしているはアニメシリーズです。

アニメにハマってFGOも始めた人お多いかと思いますが、数あるアニメシリーズを網羅できている人はまだ少ないのでは?

アニメを見ると登場するキャラクターのことをより深く知ることができるので、FGOの楽しさも倍増しますよ!

アニメシリーズの概要と上手なアニメの見方についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
フェイトシリーズのアニメをチェックしてFGOをもっと楽しむ!

 

アルトリアやエミヤが華麗に飛び回るバトルシーンは必見です。

ゲームに疲れたらアニメで休憩してみるのもいいですね♪

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事が役に立ちましたら、ブックマーク・SNSでのシェアをよろしくお願いいたします。