Fate/Grand Orderでは、サーヴァントの強化に様々な素材アイテムを使用します。

素材アイテムには多くの種類があり、一部の素材アイテムはドロップ率が良くフリークエストでも多く集められますが、フリークエストではドロップし辛い素材アイテムなどもあります。

今回は素材アイテムの1つである「凶骨」について紹介します。

▼ガチャをたくさん回す方法▼

凶骨をドロップするエネミー

凶骨は「スケルトン系」のエネミーからドロップする素材アイテムです。

スケルトン系のエネミーはフリークエスト、曜日クエストなどで出現する機会が多いエネミーであり、スケルトンが多く登場するクエストでは多くの凶骨を集めることもできます。

さらに一部イベントクエストではスケルトン系のエネミーが多く出現するクエストが登場することもあり、イベント開催時にはイベントアイテムと同時に凶骨を集めることも可能です。

凶骨をドロップするスケルトンは「セイバー」、「アーチャー」、「ランサー」などのクラスで出現することが多く、各クラスのスケルトンが同時に出現するクエストなどもありますが、スケルトン系のエネミーがHPが低いことが多いので弱点クラス以外のサーヴァントでも倒しやすくなっています。

凶骨を多く集めたい場合、スケルトンが多く出現するクエストに挑戦することで効率良く集めることが可能です。

凶骨を集められるクエスト

凶骨はスケルトン系の敵が出現するフリークエスト、曜日クエストでドロップを狙うことができます。

スケルトンが出現するフリークエスト、曜日クエストは複数あり、効率良く集める場合にはスケルトンの出現数が多いクエストに挑戦するのがおすすめです。

フリークエスト

フリークエストで凶骨を集める場合、序章の「未確認座標X-D」、2章の「ゲルマニア」、4章の「ハイドパーク」、6章の「砂嵐の砂漠」などの場所で集めるのがおすすめです。

未確認座標X-D

序章のマップ「未確認座標X-D」のフリークエストではスケルトン系のエネミーが8体出現します。

序章のクエストなのでスケルトンのHPが2000以下とかなり低く、さらにAP消費も「5」となっているので、AP消費を抑えながら凶骨のドロップを狙えます。

序章は多くのマップでスケルトンが出現しますが、未確認座標X-Dのフリークエスト「紅く染まった港」がスケルトンの出現数が一番多く、凶骨のみを効率良く集める場合におすすめのクエストの1つです。

ゲルマニア

2章のマップ「ゲルマニア」のフリークエストではスケルトン系のエネミーが6体出現します。

序章のクエストと比べてAP消費が「9」に上がり、スケルトンの出現数も減りますが、同時に「キメラ」が出現するフリークエストなので凶骨と同時に「混沌の爪」を狙えるクエストとなっています。

HPが12万以上のキメラに対策が必要となりますが、混沌の爪と同時に集めたい場合にはおすすめのフリークエストです。

ハイドパーク

4章のマップ「ハイドパーク」のフリークエストではスケルトン系のエネミーが4体出現します。

スケルトンの出現数が少ないフリークエストですが、「ブック系」のエネミーが同時に出現するクエストなので「禁断の頁」のドロップを同時に狙えます。

凶骨、禁断の頁はサーヴァントの霊基再臨、スキル強化に多く必要になるアイテムなので、同時に集めたい場合にはハイドパークのフリークエストを周回するのもおすすめです。

砂嵐の砂漠

6章のマップ「砂嵐の砂漠」のフリークエストではスケルトン系のエネミーが6体出現します。

砂嵐の砂漠ではスケルトンと同時に「スフィンクス」が登場し、スフィンクスから「智慧のスカラベ」のドロップを狙うことができます。

智慧のスカラベは高レア度素材の一つであり、凶骨と同時に集めておくことでサーヴァントの霊基再臨、スキル強化の際に役立つこともあります。

AP消費が「19」と高めのクエストですが、智慧のスカラベのドロップを同時に狙え、マスターEXP、絆ポイントなども同時に集められるフリークエストとなっています。

曜日クエスト

曜日クエストでは「剣の修練場」、「弓の修練場」、「槍の修練場」で凶骨のドロップを狙うことができます。

各修練場の各難易度でスケルトン系エネミーが出現することがあり、凶骨だけではなく「鳳凰の羽根」、「世界樹の種」などのドロップも狙うことができ、修練場によって出現する敵のクラス、ドロップするアイテムも違っています。

剣の修練場

剣の修練場はセイバークラスのエネミー、サーヴァントが登場する日曜日の曜日クエストです。

敵はセイバークラスのみなのでアーチャークラスのサーヴァントが育っていると攻略しやすく、「セイバーピース」、「セイバーモニュメント」、「剣のスキル石」などのアイテムを狙えます。

さらに上級以上の難易度では「スプリガン」が出現することもあり、スプリガンが出現すると「精霊根」がドロップすることもあります。

弓、槍の修練場ではドロップしない「追憶の貝殻」を入手することもでき、セイバーの強化素材を狙いながら凶骨を狙えるクエストとなっています。

弓の修練場

弓の修練場はアーチャークラスのエネミー、サーヴァントが登場する月曜日の曜日クエストです。

敵はアーチャークラスのみなのでランサークラスのサーヴァントで固めたパーティーなどで攻略しやすく、アーチャークラスのピース、モニュメント、スキル石などのドロップが狙えます。

上級以上の難易度で「ゲイザー」が出現することがあり、剣、槍の修練場と違って「血の涙石」や「隕蹄鉄」などのドロップを狙える曜日クエストとなっています。

槍の修練場

槍の修練場はランサークラスのエネミー、サーヴァントが登場する火曜日の曜日クエストです。

敵はランサークラスのみなのでセイバークラスのサーヴァントを使うと攻略しやすく、セイバークラスは全体攻撃宝具を持ったサーヴァントも多いので、素早い周回も狙えます。

上級以上の難易度で「バイコーン」が出現することもあり、バイコーンから「戦馬の幼角」、他のエネミーから「ホムンクルスベビー」、「鳳凰の羽根」、「英雄の証」などのドロップも狙えます。

ランサークラスのピース、モニュメントなどを狙いながら凶骨を集めることができ、サーヴァントが揃っていれば周回しやすい曜日クエストです。

凶骨を多く使用するサーヴァント

凶骨は多くのサーヴァントの霊基再臨、スキル強化に必要になります。

特にスキル強化では50個以上の凶骨を要求するサーヴァントもいて、全てのスキル強化を行う際に合計で150個以上の凶骨を使う場合もあります。

多くの凶骨を使うサーヴァントとして「アルテラ」、「ラーマ」、「ニトクリス」、「ヴラド三世」、「クー・フーリン[オルタ]」などがいます。

アルテラ

アルテラはセイバークラスの星5サーヴァントの1体です。

アルテラは霊基再臨には凶骨を必要としませんが、スキルレベル8、9への強化時に凶骨が必要となり、スキルレベル8強化時は「18個」、スキルレベル9強化時には「54個」も使用します。

1つのスキルを強化する際に合計で「72個」の凶骨が必要となり、3つ全てのスキルを強化する際には「216個」の凶骨を消費することになるので、凶骨の使用数がかなり多いサーヴァントとなっています。

アルテラはスキル強化を行うことで自身の火力を伸ばすことができ、特に第3スキル「星の紋章」は強化することでかなりの火力アップに繋がります。

アルテラを使用する場合、凶骨を多く集めてスキルを最大まで強化すると火力役として扱いやすくなります。

ラーマ

ラーマはセイバークラスの星4サーヴァントです。

アルテラと同じく霊基再臨時には凶骨を使いませんが、スキルレベル9への強化時に凶骨を「60個」必要としていて、星4サーヴァントの中で凶骨の使用数が多いキャラの1体です。

全スキルを強化する場合には「180個」の凶骨が必要となり、凶骨を多く集めておかないとスキル強化が難しくなっています。

ラーマのスキル強化を行う場合には、第1スキル「武の祝福」を優先して強化することでクリティカルで大ダメージを狙いやすくなります。

ニトクリス

ニトクリスはキャスタークラスの星4サーヴァントです。

ラーマと同じくスキルレベル9への強化時に凶骨が「60個」必要となり、全スキルを強化する際には「180個」の凶骨を使用します。

ニトクリスはスキルを強化することで第1スキルの即死の成功率アップや第2スキルNPチャージ効果が上昇するなどの利点があるので、スキル強化を行うことも多くなっています。

ニトクリスのスキル強化を行う場合、事前に凶骨を多く集めておくことをおすすめします。

ヴラド三世

ヴラド三世はバーサーカークラスの星5サーヴァントです。

アルテラと同じくスキルレベル8、9への強化時に凶骨が必要となり、スキルレベル8強化時に「18個」、スキルレベル9強化時に「54個」必要となっています。

ヴラド三世は自身のダメージ強化に繋がるスキルを持たないので他サーヴァントに比べてスキル強化の優先度は高くありませんが、スキル強化をしておくことで敵のチャージ減少効果の成功率が上昇するなどの利点もあります。

スキルを強化することで自身の耐久力アップにも繋がるので、凶骨に余裕ができればスキル強化をしておくのもおすすめです。

クー・フーリン[オルタ]

クー・フーリン[オルタ]はバーサーカークラスの星5サーヴァントです。

クー・フーリン[オルタ]は霊基再臨、スキル強化のどちらでも凶骨が必要なサーヴァントであり、霊基再臨の2段階目開放時に「22個」、スキルレベル7への強化時に「15個」、スキルレベル8への強化時に「29個」の凶骨が必要となっています。

アルテラ、ヴラド三世などと比べれば凶骨の使用数は少ないですが、それでも合計「154個」の凶骨が必要となり、フリークエストなどで凶骨などの素材を集めておく必要があります。

クー・フーリン[オルタ]はスキルを使うことで自身の耐久に繋がるので、凶骨を集めてスキル強化を行っておくと強力なアタッカーとして扱えます。

凶骨は様々なサーヴァントで必要となる素材アイテムです。

一部サーヴァントは100個以上の凶骨を必要とするので、フリークエストやイベント開催時に多くの数を集めておくことをおすすめします。


強力なサーヴァントを入手する方法

凶骨は多くのサーヴァントに使用する素材です。

しかし、凶骨を多く集めるならフリークエストなどをかなり周回する必要もあり、素早い周回には特定のサーヴァントが必要になる場合もあります。

無課金の方は周回に扱いやすい特定のサーヴァントを多く揃えるのも難しく、サーヴァントが揃っていても概念礼装がないと高速周回は難しくなっています。

実は、無課金でもかなりガチャを回すことができる方法が存在します。

以下にご紹介しておきますので、参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
無課金でガチャを回して強力なサーヴァントを入手する方法

ちなみに、この方法はいつまで有効かわからないので、なるべく早めに試しておいてくださいね!

上記の方法で周回に使いやすいサーヴァント、概念礼装を入手し、周回を楽にしてください!

フェイトといえばアニメ!

魅力的なキャラクターが大量に登場するFGOですが、フェイトシリーズはほかにもたくさんあり、その軸をなしているはアニメシリーズです。

アニメにハマってFGOも始めた人お多いかと思いますが、数あるアニメシリーズを網羅できている人はまだ少ないのでは?

アニメを見ると登場するキャラクターのことをより深く知ることができるので、FGOの楽しさも倍増しますよ!

アニメシリーズの概要と上手なアニメの見方についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
フェイトシリーズのアニメをチェックしてFGOをもっと楽しむ!

 

アルトリアやエミヤが華麗に飛び回るバトルシーンは必見です。

ゲームに疲れたらアニメで休憩してみるのもいいですね♪
 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事が役に立ちましたら、ブックマーク・SNSでのシェアをよろしくお願いいたします。