Fate/Grand Orderでは、様々なサーヴァントが敵として登場することがあります。

敵として登場したサーヴァントは通常では使用しない特殊スキルを使用する場合もあり、特殊スキルはかなり強力なスキルも多くなっています。

今回は特殊スキル「ギフト」を持った第6章の敵サーヴァント「ガウェイン」の攻略について紹介します。

ガウェインが登場するクエスト

ストーリークエスト第6章では、セイバーのサーヴァント「ガウェイン」が敵として3回登場します。

ガウェインはギフト「不夜」が常時付与されており、攻略難易度が高い強力な敵サーヴァントとなっています。

ガウェイン1戦目

ガウェインの1戦目はストーリー6章の第4節「嘆きの壁」の進行度4で戦うことになります。

1戦目のガウェインはHPが37万と高めですが、HPを半分ほど削るとバトルが終了となり、クリアとなります。

しかし、ギフト「不夜」の効果で与えるダメージがかなり減っているので、半分削るのにも時間がかかり、ギフトの効果にはNPチャージも付いているので、長期戦対策としてダメージを抑えられるサポートサーヴァントを複数入れておくと攻略が楽になります。

1戦目のガウェインは宝具を使用しませんが、素早いNPチャージが行われ、NPが溜まるとEXアタックを行ってくるので、防御力アップなどのスキルを使ってダメージを抑えて戦うのがおすすめです。

ガウェイン2戦目

ガウェインの2戦目は1戦目の続きとなるストーリー6章の第4節「嘆きの壁」の進行度5での戦いとなります。

1戦目と違い、HPが43万ほどに上昇していて、2戦目はHPを削りきるまで戦うことになるので、攻略難易度がかなり上がっています。

さらに2戦目以降のガウェインは宝具が解禁されているので、NPが溜まると全体攻撃宝具が発動されてしまい、ギフトの効果でNPチャージが行われるので対策がないと攻略がかなり難しくなっています。

しかし、ギフトによるダメージ減少の効果が下がっており、1戦目よりはダメージを与えやすいので、弱点クラスのアーチャー、バーサーカーなどで大ダメージを狙い、素早くHPを削りきるなどの攻略法がおすすめです。

ガウェイン3戦目

ガウェインの3戦目はストーリー6章の第17節「レプリカ(4/4)」の進行度2で戦うことになります。

HPが48万と2戦目に比べて5万ほど上がり、さらにスキル「ベルシラックの帯」が新たに解放されているので、ギフトと合わせて素早いNPチャージを行ってきます。

ベルシラックの帯にはガッツ効果も付いており、ガッツが付与されると素早い撃破を狙い辛くなるので、強化解除などでガッツを解除したり、コマンドカードの選択でガッツを誘発し、そのまま倒すなどの対策をしておくと攻略が楽になります。

ガウェイン3戦目はギフト「不夜」のダメージ軽減効果がさらに下がっているので、特攻効果を持ったアーチャーを使うと高いダメージを狙いやすくなっており、素早いクリアに役立ちます。

ガウェインが使用するスキル、宝具

ガウェインはバトル時に特殊スキル「ギフト」が発動されており、さらに通常のスキルも使用して自己強化などを行うことがあります。

宝具によって全体に大ダメージを受けることもあり、各スキル、宝具の詳細を知っておくことで攻略が楽になります。

ギフト「不夜」

第6章に敵として登場する円卓の騎士「ガウェイン」、「ランスロット」、「トリスタン」、「モードレッド」には「ギフト」と呼ばれる特殊なスキルが付与されています。

ギフトはキャラによって効果が違っていますが、特にガウェイン、モードレッドなどのギフトの効果は強力であり、対策がないと攻略が難しくなっています。

ガウェインのギフト「不夜」はガウェインが受けるダメージを軽減し、NPを2段階チャージする効果を持っており、ギフトの効果で味方サーヴァントがガウェインに対して与えるダメージがかなり下げられてしまいます。

しかし、ダメージ軽減効果は1戦目が一番軽減量が高く、3戦目は軽減量がかなり下がっており、ガウェインとのバトルが進むごとに軽減量が下がっていきます。

ダメージ軽減はかなりの脅威となっていますが、特攻効果などを活かすと高いダメージを狙うことができ、弱点クラスのアーチャーなら大ダメージを狙いやすくなっています。

ギフトのもう1つの効果であるNPチャージはガウェインのターン終了時にNPが2段階チャージされる効果があり、チャージ効果の影響でガウェインは素早い宝具発動を行ってきます。

1戦目のみNPゲージが溜まりきってもEXアタックを行ってきますが、2戦目以降は宝具発動が行われ、ガウェインは全体攻撃宝具なので発動されると大ダメージを受けてしまいます。

NPチャージ効果もかなりの脅威であり、ガウェインの宝具ダメージをどうやって抑えるかが攻略の重要なポイントの1つにもなっています。

通常スキル

ガウェインはバトル時に自身が持つ通常スキルも使用してきます。

1戦目、2戦目では第2スキルまでしか使用しませんが、3戦目は第3スキルも解放されており、自己強化スキルも多いので、スキルを使用されると高いダメージを受けやすくなってしまいます。

第1スキル「聖者の数字」

ガウェインの第1スキル「聖者の数字」は自身の攻撃力をアップし、陽射しのあるステージならBuster性能もアップする効果を持っています。

ステージに左右される特殊なスキルですが、第6章の敵として登場するガウェインは両方の効果を発動し、効果継続も3ターンと長いので、発動中は高いダメージを受けやすくなっています。

さらにBuster性能アップはガウェインの宝具ダメージアップにも繋がっているので、効果発動時に宝具を使われると一撃で全滅する可能性もあります。

第1スキルの攻撃力アップは致命傷に繋がってしまうこともあるので、防御力アップ、ダメージカットなどでダメージを軽減したり、強化解除などでガウェインのバフ効果を解除してダメージを抑えるなどの対策が有効となっています。

第2スキル「カリスマ」

ガウェインの第2スキル「カリスマ」は味方全体の攻撃力を上昇するスキルです。

第6章のガウェイン戦では敵がガウェインのみなので自身の攻撃力アップを行うスキルとなりますが、カリスマが発動されると通常攻撃、宝具によるダメージが上昇してしまいます。

効果継続も3ターンと長く、第1スキルと併用されるとかなりのダメージアップに繋がってしまうので、防御力アップなどの対策を用意しておく必要があります。

第3スキル「ベルシラックの帯」

ガウェインの第3スキル「ベルシラックの帯」はガウェイン自身のNPをチャージし、同時にスター獲得とガッツを1ターン付与する効果も持っています。

敵として登場したガウェインが使用した場合、NPが1チャージされ、クリティカル発生率がアップし、ガッツが1ターン付与される効果になるので、発動ターンはクリティカルによって高いダメージを受けやすく、場合によっては宝具発動が行われてしまいます。

第6章のガウェインは3戦目のみ第3スキルを使用しますが、発動回数が多ければ素早い宝具発動が行われ、さらにガッツ効果で倒しきれるターンでもHPが残ってしまうこともあります。

しかし、ガッツ効果は継続ターンが短いので、バトル終盤以外ではあまり問題にはなりません。

3戦目のみ使用されるスキルですが、第3スキルの効果を使われると第2戦より宝具発動が行われる回数が多くなるので、宝具に対する対策を増やして3戦目に挑む必要があります。

宝具「転輪する勝利の剣」

ガウェインの宝具「転輪する勝利の剣」は敵全体に攻撃を行い、同時にスキル封印を1ターン、やけどを5ターン付与する効果を持っています。

敵として使用された場合、無敵、回避などでダメージを防ぐことはできてもスキル封印、やけどは付与されてしまうので、その後のターンに大きく響いてしまいます。

さらに第6章のガウェインはギフトの効果で毎ターン2段階NPがチャージされるので、短い間隔で宝具使用が行われ、宝具はかなりの脅威となっています。

宝具のダメージは無敵、回避などのダメージ無効や防御力アップ、ダメージカットなどのダメージ軽減で対処し、スキル封印などは効果終了を待つか弱体解除などで解除するのがおすすめです。

ガウェイン戦おすすめサーヴァント

ガウェインはセイバークラスのサーヴァントなので、アーチャーのサーヴァントを主体に挑むと攻略が楽になります。

しかし、ガウェインはギフトのダメージ軽減効果で高いダメージが狙い辛いという特性があり、長期戦になることも多いので、味方の耐久面がサポートできるキャラクターも重要です。

ガウェイン戦におすすめのサーヴァントとして「オリオン」、「ギルガメッシュ」、「エウリュアレ」、「ダビデ」、「諸葛孔明」、「ジャンヌ・ダルク」などが挙げられます。

オリオン

オリオンは男性特攻を持ったアーチャークラスの星5サーヴァントです。

男性特攻効果を活かしてガウェインに大ダメージを狙いやすく、さらに宝具のNP減少などの効果を活かしてガウェインの妨害などもできる優秀なアタッカーとして使えます。

オリオンの利点

ガウェイン戦でオリオンを編成した際の利点として、「男性特攻を活かせる」点と「宝具の効果を活かしやすい」点が挙げられます。

オリオンは第2スキル「移り気への楔」を使用することで自身に1ターン「男性特攻」を付与できます。

スキルレベルが高いほど男性特攻の効果は上昇し、ガウェインは男性のサーヴァントなので特攻が付与されていると宝具や通常攻撃でかなりのダメージが期待できます。

さらにオリオンはクリティカル威力を上昇するスキルもあるので、スターを獲得できると高いダメージを狙いやすく、男性特攻効果とあわせると1ターンでかなりのHPを削ることも可能です。

もう1つの利点としてオリオンの宝具には相手単体に対してダメージを与える他に「攻撃力ダウン」、「チャージ減少」、「クリティカル発生率ダウン」の効果もあります。

攻撃力ダウンの効果でガウェインから受けるダメージを軽減でき、さらにチャージ減少効果でガウェインの宝具発動を遅らせることもできるので、効果を活かしやすく、味方のサポートにも繋がる優秀な性能を持っています。

オリオンは防御力アップ、回避などの耐久スキルもあり、ガウェインとの戦いが長期戦になっても長い間アタッカーとして戦える優秀な性能を持ったサーヴァントとなっています。

ギルガメッシュ

ギルガメッシュは宝具にサーヴァント特攻を持った星5のアーチャーです。

NP獲得量アップ、NPチャージスキルがあるので宝具発動を狙いやすく、ガウェイン戦ではアタッカーとして活躍しやすい性能を持っています。

ギルガメッシュの利点

ギルガメッシュは第1スキル「カリスマ」を使うことで味方全体の攻撃力を強化でき、第2スキル「黄金律」でNP獲得量の強化、第3スキル「バビロンの蔵」でスター集中率アップとNPチャージを行える性能を持っています。

自身のダメージアップを自身のスキルで行え、さらにスターを獲得できる味方がいるとクリティカルを活かして大ダメージを与えながら多くのNP獲得も狙いやすく、宝具の複数回発動が狙いやすいという利点もあります。

さらにギルガメッシュの宝具「天地乖離す開闢の星」は宝具発動時に宝具威力アップ効果が付与され、サーヴァント特攻が付与された全体攻撃を行う性能があり、ガウェイン戦でも宝具威力アップ、特攻効果が合わさってかなりのダメージが狙えます。

ギルガメッシュはアタッカーとしての性能が高く、ガウェイン戦でも大ダメージを狙いやすいので攻略に役立てやすいおすすめのサーヴァントです。

ギルガメッシュの注意点

ギルガメッシュをアタッカーとして使う場合の注意点として、ギルガメッシュは自身では耐久スキルを持たず、味方のサポートがないと長期耐久が狙い辛くなっています。

ガウェイン戦ではガウェインが複数回の宝具発動を行ってくるので、補助がないと長期耐久は難しく、火力役としての性能を活かし辛い場合があります。

ガウェイン戦でギルガメッシュを使う場合、防御力アップなどを付与できるサポート役のサーヴァントが必要となるので、注意が必要となります。

エウリュアレ

エウリュアレはオリオンと同じく男性特攻を持った星3のアーチャーです。

特攻効果を活かして大ダメージを与えやすく、自己強化スキルや味方サーヴァントの補助も合わせると10万以上のダメージを狙いやすい性能を持っています。

エウリュアレの利点

エウリュアレは宝具に「男性特攻」を持ち、ガウェイン戦ではかなりのダメージが期待できる性能を持っています。

宝具と同じArts性能をアップできるスキル「女神のきまぐれ」を持ち、女神のきまぐれは継続ターンが3ターンと長く、クールタイムも短いスキルなので複数回発動がしやすいので、、宝具、スキルの効果を活かしやすいのも利点です。

さらにエウリュアレの利点として、宝具と第2スキルに異性を魅了する効果があります。

魅了が成功するとガウェインの行動を1ターン制限することができ、宝具の複数回発動が狙えるパーティーなら魅了を活かして受けるダメージを大幅に軽減することも可能です。

NP獲得量アップの概念礼装を装備し、NPチャージが行える味方とパーティーを組むことで素早い宝具発動が狙いやすく、第1スキル「吸血」を使うことで相手のNPを確率で減少させ、自身のNPをチャージできるので、アタッカーとしてガウェイン戦ではかなりの活躍ができます。

エウリュアレの注意点

エウリュアレはステータスが低く、有利クラスのガウェインが相手でも攻撃が集中すると簡単に倒されてしまいます。

さらに自身では耐久スキルを持っておらず、宝具発動時に高いダメージを受けやすいので、味方の耐久面がサポートできる味方を組み合わせる必要があります。

パーティーにエウリュアレを入れる場合には、ダメージ軽減が狙えるサポート役を編成しなければ性能を活かすのが難しいので、注意が必要です。

ダビデ

ダビデは特攻効果などを持ちませんが、ガウェインに対して有利クラスのアーチャーであり、味方のサポートをしながら戦える性能を持っています。

全体回避や全体攻撃力アップなどの優秀なスキルを持ち、ガウェイン戦ではアタッカーとサポート役の両方で活躍できます。

ダビデの利点

ダビデは第2スキル「治癒の硬琴」の効果で味方全体に回避を付与できます。

ガウェインは素早い宝具発動を行うので、全てに対して回避を付与することはできませんが、効果範囲が味方全体なのでスキルが溜まっていると味方のダメージ回避としてかなり役立ち、長期戦への対策にもなります。

さらに第3スキルに味方全体の攻撃力アップスキル「カリスマ」を持ち、第1スキル「神の加護」で自身の防御力を上げて耐久も狙えるので、味方のサポートをしながら長期耐久を狙え、有利クラスを活かしてダメージを重ねていくことも可能です。

ダビデの別の利点として、Artsコマンドの多さが挙げられます。

ダビデはアーチャークラスながらArtsコマンドを3枚持ち、Artsチェインの補助が狙いやすくなっています。

Artsチェインで味方のNPチャージの補助ができ、自身の宝具でダメージを狙うこともできるので、Artsコマンドの多さもガウェイン戦では大きな利点となることがあります。

ダビデの注意点

ダビデはアーチャークラスなのでガウェインに対して高いダメージを狙えるクラスですが、強化スキルが「カリスマ」しかなく、特攻効果などを持たないのでアタッカーとしては扱い辛い性能をしています。

さらにガウェインはギフトでダメージ軽減の効果を付与されており、特攻効果などがないダビデでは高いダメージを狙い辛くなっています。

ダビデを編成する場合、ダビデはサポートをメインに戦わせ、アタッカーとして別のサーヴァントを用意しておくと攻略しやすくなります。

諸葛孔明

諸葛孔明はアタッカーとしての性能は低いですが、サポート性能がかなり高く、ガウェイン戦だけでなく多くのクエストで役立ちます。

ガウェイン戦でもスキルでのダメージ軽減や宝具のNP減少など活躍する機会も多く、味方のNPチャージもできるのでサポート役として編成しておくと攻略が楽になります。

諸葛孔明の利点

諸葛孔明は全てのスキルにNPチャージ効果を持っています。

NPチャージ効果を活かしてアタッカーサーヴァントのNPを大幅に溜めることができ、スキル効果自体もかなり強力なのでガウェインから受けるダメージの軽減や味方のダメージアップなどに役立てられます。

諸葛孔明の別の利点として、諸葛孔明の宝具「石兵八陣」には敵のNPを減少させ、防御力ダウン、呪いを付与し、確率でスタンを付与する効果を持っています。

NP減少の効果でガウェインの宝具発動を遅らせることができ、防御力ダウンで味方サーヴァントの与えるダメージが上昇されるので、宝具の性能も活かしやすく、かなり役立ちます。

Artsコマンドが3枚あるのでArtsチェインの補助としても役立ち、サポート役としてガウェイン戦では扱いやすい性能を持っています。

ジャンヌ・ダルク

ジャンヌ・ダルクはバーサーカー、アヴェンジャー以外から受けるダメージが減る特性を持つルーラークラスのサーヴァントです。

ガウェイン戦ではスキル、宝具を活かしてサポート役として活躍することができ、クラス特性と高いHPステータスが合わさって長い耐久も狙えます。

ジャンヌ・ダルクの利点

ジャンヌ・ダルクはサーヴァントに対して効果が発動するスキルを2つ持ち、スキルを使うことで敵の宝具威力の大幅減少とスタンの付与が狙えます。

スタン付与の第3スキル「神明裁決」は確率でスタンを付与するスキルですが、スキルレベルが高いと高確率でスタンが成功し、敵サーヴァントの行動を1ターン制限できます。

さらにガウェイン戦では宝具威力を下げる第2スキル「真名看破」の効果で宝具発動ターンのダメージを抑えることができ、第1スキル「啓示」を使うことで味方のスター獲得補助も行えます。

ジャンヌの宝具「我が神はここにありて」は味方全体に1ターン無敵を付与し、3ターンの防御力アップと2ターンのHP回復状態を付与できます。

宝具にはジャンヌ自身にスタンが2ターン付与されるデメリットもありますが、味方全体の耐久に役立てやすく、宝具の発動間隔が短いガウェイン戦では役立つ機会も多くなっています。

「諸葛孔明」や「マシュ・キリエライト」などと組み合わせて使うとサポート性能を活かしやすく、ガウェイン戦では味方の耐久にかなり役立つ性能を持っています。



第6章に登場するガウェインは円卓の騎士の中でもかなり強力で攻略難易度の高い敵となっています。

特に第3戦目は第3スキルが解放され、さらに強力になっているので、パーティー編成などをしっかり考えてから挑戦するのがおすすめです。

強力なサーヴァントを入手する方法

第6章のストーリークエストの中でもガウェインはかなりの強敵となっています。

ギフトの効果で与えられるダメージが減ってしまい、アーチャーのサーヴァントが育っていないと攻略自体が難しく、ガウェイン戦で攻略が止まったプレイヤーも多くいます。

ガウェインに有効なサーヴァントは高レア度サーヴァントも多く、入手が難しいので、複数揃える為にはかなりのガチャを引く必要があります。

ただ、普通にプレイしていてもガチャを回せる回数には限界がありますよね。

実は、無課金でもかなりガチャを回すことができる方法が存在します。

以下にご紹介しておきますので、参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
無課金でガチャを回して強力なサーヴァントを入手する方法

ちなみに、この方法はいつまで有効かわからないので、なるべく早めに試しておいてくださいね!

上記の方法でガウェイン戦で使える優秀なサーヴァントを入手し、クエストクリアを目指してください!

フェイトといえばアニメ!

魅力的なキャラクターが大量に登場するFGOですが、フェイトシリーズはほかにもたくさんあり、その軸をなしているはアニメシリーズです。

アニメにハマってFGOも始めた人お多いかと思いますが、数あるアニメシリーズを網羅できている人はまだ少ないのでは?

アニメを見ると登場するキャラクターのことをより深く知ることができるので、FGOの楽しさも倍増しますよ!

アニメシリーズの概要と上手なアニメの見方についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
フェイトシリーズのアニメをチェックしてFGOをもっと楽しむ!

 

アルトリアやエミヤが華麗に飛び回るバトルシーンは必見です。

ゲームに疲れたらアニメで休憩してみるのもいいですね♪
 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事が役に立ちましたら、ブックマーク・SNSでのシェアをよろしくお願いいたします。