Fate/Grand Orderでは、ストーリー、イベントの物語で様々なサーヴァントが登場します。

ストーリーなどで登場するサーヴァントは味方として使える場合や敵として戦う場合などがあり、敵として戦うサーヴァントは特殊なスキルを使用することもあります。

今回はストーリークエスト第6章で敵として登場する「オジマンディアス」の攻略について紹介します。

オジマンディアスの登場クエスト

オジマンディアスはストーリークエスト第6章で2回戦うことになる敵サーヴァントです。

第6章に登場する円卓の騎士系のサーヴァントとは違い、「ギフト」のような特殊スキルは持ちませんが、第2戦目に関しては登場時からNPが最大まで溜まっているなどの特殊ギミックがあり、オジマン戦は他のエネミーも同時に登場するのでパーティー編成が重要になっています。

オジマンディアス1戦目

オジマンディアスの1戦目は第6章の序盤である第2節「太陽王の晩餐(2/2)」の進行度1で戦うことになります。

太陽王の晩餐(2/2)の進行度1では、バトル1にHP3万ほどの「イフリータ」が2体登場し、バトル2にHP6万ほどの「イフリータ」が2体とHP26万近くの「オジマンディアス」が登場します。

オジマンディアスのHPが26万ほどと高く、オジマンの弱点クラスであるアサシン、バーサーカーなどを編成していないと攻略が難しいクエストですが、オジマンディアス以外の敵がキャスタークラスであり、アサシンのみでパーティーを編成すると攻略するのが難しくなっています。

オジマン1戦目はイフリータに対しても対策をする必要があるので、ライダー、アサシン、バーサーカーなどから2体ほどアタッカーを用意し、アタッカーを補助できるサポート役サーヴァントを1体編成したパーティーで挑むと攻略しやすくなります。

オジマンディアス2戦目

オジマンディアスの2戦目は第6章の第15節「神王オジマンディアス(3/3)」の進行度4で戦います。

2戦目はバトルが3まであり、さらに全てのバトルにライダーの「オジマンディアス」とキャスターのエネミー、サーヴァントが同時に登場するので、攻略難易度が高めのクエストとなっています。

バトル1

オジマン2戦目のバトル1では、キャスターの「スフィンクス」とライダーの「オジマンディアス(前影)」が出現します。

スフィンクスはHPが5万ほど、オジマンディアス(前影)は9万ほどとなっていて、バーサーカーの全体攻撃宝具などを使用すると素早くHPを削ることもできます。

1バトル目に登場するスフィンクスはプレイヤー側のサーヴァントに対して防御力ダウンと弱体耐性ダウンを付与するスキルを使用し、オジマンディアスは「カリスマ」を使用して敵全体の攻撃力アップや「皇帝特権」を使用して自身の攻撃力アップ、防御力アップとHP回復を行う場合もあります。

防御力ダウンやカリスマによる攻撃力アップが付与されていると高いダメージを受ける場合もあり、5ターン後にはNPゲージが溜まりきってしまうので、NPが溜まりきる前にバトル1をクリアを狙うのがおすすめです。

バトル2

オジマン2戦目のバトル2では、HP5万7千ほどのキャスター「マリカスフィンクス」とHP10万ほどのライダー「オジマンディアス(後影)」が出現します。

バトル1の敵と比べるとHPが少し上がっているなどの違いしかありませんが、マリカスフィンクスはバトル1で登場したスフィンクスとは効果が違うスキルを使用します。

マリカスフィンクスはプレイヤー側のサーヴァント1体に対して「NP減少」を行うスキルを持っていて、発動された場合は宝具の発動が遅れてしまうことがあります。

NP減少は毎ターン使用するわけではありませんが、バトル3までNPを残して戦いたい場合、素早くマリカスフィンクスを倒すなどの対策を行っておく必要があります。

バトル2に登場するオジマンディアスはバトル1と大きな違いはなく、バトル1と同じく全ての敵のNPゲージは5段階となっているので、NPが溜まりきる前にマリカスフィンクス、オジマンディアスの両方の撃破を狙うのがおすすめです。

バトル3

オジマン2戦目のバトル3では、キャスターのサーヴァント「ニトクリス」とライダーのサーヴァント「オジマンディアス(真影)」が登場します。

ニトクリスはHP13万以上、オジマンディアスはHP30万以上となっており、バトル2までに比べると敵HPがかなり高くなっています。

さらにバトル3のオジマンのみバトル開始時からNPが最大まで溜まっているという特殊ギミックになっており、最初のターンで宝具封印やNP減少、スタンなどで宝具の妨害ができない場合、宝具を発動されてしまいます。

オジマンの宝具を受けるとかなりのダメージを受けてしまうので、味方サーヴァントに回避、無敵などを付与することでダメージを回避できます。

オジマンと同時に登場するニトクリスは特殊ギミックなどはありませんが、スキル「高速神言」を使って自身のNPを2ゲージ溜めることがあります。

ニトクリスの宝具は全体攻撃宝具であり、「即死」を付与する効果もあるので、受けてしまうと無敵などを付与していても即死効果で倒されてしまう場合もあり、できる限り宝具を使用される前にニトクリスを倒しておくのがおすすめです。

オジマンはバトル1、バトル2と同じく「カリスマ」、「皇帝特権」などのスキルを使用して自己バフを行いますが、ニトクリスを残しておくと全滅する可能性もあるので、先にニトクリスを倒した後、オジマンディアスを倒す流れで戦うと攻略しやすくなります。

オジマンディアス2戦目の対策

オジマンディアスとのバトルは全部で2回ありますが、1戦目はそれほど難しくなく、あまり問題になりません。

しかし、2戦目に関しては6章のクエストの中でも攻略難易度が高めであり、同時に登場する「ニトクリス」などの敵がパーティー次第でかなり厄介な存在となることもあります。

オジマン2戦目に挑戦する場合、しっかりパーティー編成を考え、バトル3のオジマン、ニトクリスへの対策を用意しておくと攻略しやすくなります。

おすすめのパーティー編成

オジマンディアス2戦目では、敵としてライダー、キャスタークラスのエネミー、サーヴァントが登場します。

全てのバトルでライダーとキャスターが1体ずつ登場するので、弱点クラスであるライダー、アサシンのサーヴァントを用意しておくと素早く倒すこともでき、攻略が楽になります。

しかし、アサシンクラスのサーヴァントはキャスターから受けるダメージが高くなってしまうので、キャスタークラスの敵を素早く倒せないとかなりのダメージを受けてしまうこともあるので注意が必要となります。

オジマン2戦目に挑戦する場合、ライダーを2体、補助に長けたサーヴァントを1体パーティーの前衛として編成し、控えにアサシンを数体用意して挑むのがおすすめです。

前衛にライダーを2体配置しておくと敵のキャスターを素早く処理することができ、ライダーが倒されても控えにアサシンを配置しておくので敵ライダーに対しての火力役として使えます。

ライダーのみでバトル1、バトル2をクリアできた場合、バトル3で発動されるオジマンの宝具で味方1体を犠牲にし、控えにいるアサシンと入れ替えて戦うなどの戦い方もできます。

序盤はライダー、後半はアサシンを火力にすることで安定したクリアを狙うことができ、アサシンが登場するまでにキャスターの敵を全て倒しきることができれば後はアサシンのみで簡単にクリアすることも可能です。

オジマンディアス、ニトクリスに有効な対策

オジマンディアス2戦目のバトル3に登場する「オジマンディアス(真影)」と「ニトクリス」は事前に対策が狙えるスキルなどを用意しておくと倒すのが楽になります。

特にバトル3のオジマンディアスはバトル開始時からNPが最大まで溜まっており、ニトクリスもスキル「高速神言」の効果で素早い宝具発動を行う場合があります。

オジマン、ニトクリスへの有効な対策として、「宝具封印」、「スタン」、「無敵」などを行えるスキル、宝具があると敵宝具で受けるダメージを抑えることができ、味方が受けるダメージを抑えながら戦えます。

宝具封印

一部サーヴァントはスキル、宝具に敵の宝具を封印する効果を持っています。

宝具封印の付与が成功した場合、宝具封印が付与されているターンは敵が宝具の発動をできないので、NPが最大まで溜まっていても宝具による大ダメージを気にせず戦えます。

しかし、宝具封印を持っているサーヴァントは少ないので、敵のNPを減らす「NP減少」などの効果を持ったスキル、宝具で代用して宝具発動を遅らせるのもおすすめです。

スタン

一部サーヴァントはスキル、宝具の効果で敵に対してスタンを付与することができます。

スタン、魅了などの状態異常効果は1ターン敵の行動を封じる効果があり、付与が成功すると1ターンの間敵が行動しないので、かなり有効な対策手段となっています。

さらにスタンに関してはマスターの装備「魔術礼装」の1つ「カルデア戦闘服」の第2スキル「ガンド」で付与することができるので、スタン、魅了持ちのサーヴァントが少なくても狙いやすい対策法の1つです。

無敵

オジマンディアス、ニトクリスはNPが最大まで溜まると宝具の使用を行いますが、どちらも無敵貫通などの効果を持たないので、「無敵」、「回避」などでダメージを無効にできます。

特にバトル3のオジマンディアスは登場時にNPが最大まで溜まっており、ニトクリスはスキルによって自身のNPチャージを行えるので、全体に対して発動する無敵、回避などがあると攻略が楽になります。

しかし、無敵などの注意点として、ニトクリスの宝具には即死を付与する効果があり、即死効果は無敵などで無効にすることはできず、場合によっては即死効果で倒される場合もあります。

即死はニトクリスしか使用しないので、宝具発動前にニトクリスを倒すことで無敵、回避などの効果を活かしやすくなり、攻略が楽になります。


オジマンディアスは第6章で2回戦うことになり、特に2戦目は攻略難易度が高めのクエストとなっています。

挑戦する際には強力なライダー、アサシンなどのサーヴァントを用意し、敵の使うスキルなどの対策を考えて攻略に挑むのがおすすめです。

強力なサーヴァントを入手する方法

第6章で敵として登場するオジマンディアスは強力なエネミー、サーヴァントと同時に出現します。

オジマンの弱点であるアサシンのみを育てていても攻略は難しく、さらにキャスターへの対策も用意しておかないといけません。

また、アサシンは揃っていてもライダーをあまり持っていないなどの問題がパーティー編成時に生まれることもあり、今までにかなりガチャを回してきていなければ十分にクエストを突破できるパーティの編成は難しい場合が多いです。

とは言え、特に無課金でプレイしている方はガチャを回せる回数も限られてしまいますよね。

実は、無課金でもかなりガチャを回すことができる方法が存在します。

以下にご紹介しておきますので、参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
無課金でガチャを回して強力なサーヴァントを入手する方法

ちなみに、この方法はいつまで有効かわからないので、なるべく早めに試しておいてくださいね!

上記の方法で強力なサーヴァントを入手し、オジマンディアス攻略に役立ててください!

フェイトといえばアニメ!

魅力的なキャラクターが大量に登場するFGOですが、フェイトシリーズはほかにもたくさんあり、その軸をなしているはアニメシリーズです。

アニメにハマってFGOも始めた人お多いかと思いますが、数あるアニメシリーズを網羅できている人はまだ少ないのでは?

アニメを見ると登場するキャラクターのことをより深く知ることができるので、FGOの楽しさも倍増しますよ!

アニメシリーズの概要と上手なアニメの見方についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
フェイトシリーズのアニメをチェックしてFGOをもっと楽しむ!

 

アルトリアやエミヤが華麗に飛び回るバトルシーンは必見です。

ゲームに疲れたらアニメで休憩してみるのもいいですね♪
 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事が役に立ちましたら、ブックマーク・SNSでのシェアをよろしくお願いいたします。