Fate/Grand Orderでは、自身の所持しているサーヴァントと概念礼装を使ってパーティーを編成してバトルを行います。

パーティー編成時にArts主体やQuick主体などを考えて編成するとサーヴァントの性能を活かしやすく、強力なパーティーを編成することもできます。

今回は初心者におすすめのパーティーについて紹介します。

▼ガチャをたくさん回す方法▼

パーティー編成

FGOでは、自身の所持しているサーヴァント、概念礼装を使ってパーティーを編成してクエストに挑戦します。

パーティー編成時には「パーティーコスト」の上限内にサーヴァント、概念礼装の合計コストを抑える必要があり、パーティーコストの上限はマスターランクが高いほど上昇していきます。

多くのプレイヤーはパーティー編成時に特定のサーヴァントを組み合わせて使うことも多く、「アーツパ」、「クイックパ」、「バスターパ」などがFGO内でも主流となっています。

アーツパ

アーツパはArtsコマンドを多く持ったサーヴァントを組み合わせ、Artsチェインを活かして宝具の連続発動を狙っていくのがメインのパーティーです。

Artsコマンドは攻撃時に多くNPを溜めることができ、Artsチェイン発動時にはチェインに使われたサーヴァント全員に対して「20%」のNPチャージを行う効果があります。

アーツパにはArtsコマンドを3枚持っていることが多いキャスターのサーヴァントが使われることも多く、「2030年の欠片」などを装備して編成するとクリティカルを狙いながら素早いNPチャージも狙えるパーティー編成となっています。

宝具の連続使用を狙いやすいので、強化スキルなどがあれば宝具発動時に高いダメージを与えることができ、宝具で回復や敵の妨害などができるサーヴァントがいると長期耐久も狙いやすいのも利点です。

Artsコマンドが少ないサーヴァントは使い辛いですが、宝具の素早い回転が狙いやすく、宝具によって大ダメージも狙っていけるのがアーツパの特徴となっています。

クイックパ

クイックパはQuickコマンドを多く持ったサーヴァントを組み合わせ、QuickチェインやQuick攻撃で多くのスターを獲得し、クリティカルを主体に戦っていくパーティー編成です。

FGOでは「クリティカルスター」が多いほどクリティカルを狙いやすくなり、クリティカルが発生すると通常の倍近いダメージ的に与えることができます。

Quick攻撃はスター発生率が高い攻撃であり、Quickチェインが発動すると確定で「10個」のスターを獲得できるので、編成次第で大ダメージを狙いやすくなっています。

さらに一部サーヴァントは「クリティカル威力アップ」のスキルを持っていることもあり、クイックパに編成するとかなりのダメージを狙うことも可能です。

宝具に頼らずともクリティカルで高いダメージが狙いやすく、Quickコマンドが多いアサシンのサーヴァントが活躍しやすいパーティー編成となっています。

バスターパ

バスターパはBusterコマンドを多く持ったサーヴァントを組み合わせ、Busterチェインなどを合わせて高いダメージを狙っていくパーティーです。

Busterコマンドは高いダメージが狙いやすいコマンドであり、1枚目にバスターカードを選択しておくと2枚目以降の宝具を除いたコマンドカードのダメージアップにも繋がります。

さらにBusterチェインが発生すると与えるダメージが高くなり、自己強化スキルなどのダメージアップも合わさるとクリティカルなしでも2万近いダメージを狙うことも可能です。

Busterコマンドを3枚持っていることが多いバーサーカーが使われることも多く、短いターンで大ダメージを狙っていけるパーティー編成となっています。

初心者におすすめのパーティー編成

ゲームを始めた初心者の場合、上記のようなコマンドカードを活かしたパーティー編成を考えずに編成を行うこともあると思います。

しかし、チュートリアル召喚や序盤でも狙える星5サーヴァント、フレンドポイントから入手できる星3サーヴァントを使ってアーツパなどの編成を行うこともできます。

序盤のアーツパで使えるサーヴァント

ゲーム開始序盤でアーツパを編成する場合、「玉藻の前」、「諸葛孔明」、「エミヤ」、「マルタ」、「メディア」などのサーヴァントを使うと強力なパーティーを作れます。

玉藻の前

玉藻の前はストーリー召喚で狙うことができる星5のキャスターです。

星5サーヴァントなので入手難易度は高めですが、リセマラなどで入手できた場合は玉藻の前を起点にアーツパの編成を行うなどもおすすめです。

玉藻の前の利点

玉藻の前はArtsコマンドを3枚持ち、宝具もArts属性なのでArtsチェインの補助を狙いやすくなっています。

さらに玉藻の前の宝具「水天日光天照八野鎮石」は味方全体のスキルチャージを早め、同時にHP回復とNPチャージを行うので、アーツパのサポートとしてかなり優秀な性能をしています。

さらに霊基再臨第3段階まで進めることができればスキル「狐の嫁入り」を取得でき、狐の嫁入りは味方単体のArts性能を上昇できるので、宝具以外のサポート性能も上昇します。

第1スキル「呪術」を使うことで敵のNPを減らして宝具タイミングをずらすことなどもでき、Artsパのサポート役としてかなり扱いやすい性能を持っています。

玉藻の前の難点

玉藻の前はサポート役としてかなり優秀ですが、序盤ではサポート性能を活かしきることができないのが難点でもあります。

特に第3スキルの「狐の嫁入り」はアーツパのサポートとしてはかなり使えるスキルですが、取得できるのが第3再臨後なので序盤のサポートは宝具以外はArtsチェインの補助がメインとなります。

序盤ではサポート能力が少し低めなのが難点になることもあり、第3再臨後からサポート役としての真価を発揮できるサーヴァントとなっています。

諸葛孔明

諸葛孔明はArtsコマンドを持ち、敵の妨害を行うArts属性の宝具を持った星5のキャスターです。

星5サーヴァントの1体ですが、ストーリー召喚でも狙える星5でもあり、リセマラ時に入手できれば序盤のアーツパだけでなく様々なパーティーで活躍できる性能を持っています。

諸葛孔明の利点

諸葛孔明は第1スキルが味方単体、第2、第3スキルが味方全体に発動するサポートスキルとなっています。

効果もクリティカル威力アップ、防御力アップ、攻撃力アップなどかなり扱いやすく、さらに全てのスキルにNPチャージ効果があるので宝具発動が狙いやすくなるのも大きな利点の1つでもあります。

Artsチェインのサポートを行いながらスキルでNP補助を行うこともでき、宝具を使うことで敵全体のチャージを減らし、スタン付与や防御力ダウンの付与なども行えるので、アーツパのサポート役としてかなり優れています。

序盤のアーツパ編成時でもかなり扱いやすく、ゲームが進んだ後にクイックパ、バスターパなどに移行する際でもサポート役として使える性能を持っているので、諸葛孔明は様々なクエストで活躍できる優秀なサーヴァントです。

エミヤ

エミヤはアーチャークラスながらArtsコマンドを3枚持ち、アーツパの火力役として使える星4のアーチャーです。

チュートリアル召喚で入手できる星4サーヴァントの1体でもあり、サーヴァント強化クエストなどを完了すると強力なアタッカーとして扱えます。

エミヤの利点

エミヤはArtsコマンドを3枚持っているのでArtsチェインの補助を狙いやすく、自身のスキルでコマンドの強化を行えます。

さらに第2スキル「千里眼」と第3スキル「魔術」は最終再臨まで行い、サーヴァント強化クエストをクリアすると千里眼は「鷹の瞳」、魔術は「投影魔術」に強化が行われます。

鷹の瞳は自身のスター発生率、クリティカル威力を上昇し、投影魔術はArts、Quick、Busterコマンドを強化するスキルとなるので、クリティカル発生時のダメージ強化やBuster属性の宝具のダメージアップを狙えるようになります。

エミヤは宝具のhit数が多く、第2スキルを使うことで自身でスターを生み出すことができるので、スター獲得を行えるサーヴァントが少なくても火力を狙いやすいのも利点のアタッカーとして扱いやすいサーヴァントとなっています。

エミヤの難点

エミヤは強力なスキルを持ち、アタッカーとして優秀なサーヴァントですが、序盤は火力の低さが難点になります。

エミヤの宝具「無限の剣製」は敵全体にダメージを狙える宝具ですが、宝具強化を行っていない状態だと火力が低めであり、強化を行うには霊基再臨と絆レベルを上げる必要があります。

さらに第2、第3スキルを強化できるサーヴァント強化クエストは最終再臨を行う必要があり、エミヤはある程度育てないと火力を出し辛くなっています。

エミヤは序盤はアタッカーとしての性能が物足りず、強化クエストなどを行ってから性能を活かせるサーヴァントとなっています。

マルタ

マルタはライダークラスでArtsコマンドを3枚持っている星4のサーヴァントです。

エミヤと同じくチュートリアル召喚で狙うことができ、宝具を使ってダメージを狙い、スキルを使うことでサポート役としても活躍できます。

マルタの利点

マルタはスキルに自身と味方全体に対して発動するHP回復効果を持ち、HPステータスも高めなので耐久力が高めのサーヴァントとなっています。

さらにArtsコマンドが3枚あるのでArtsチェインの補助を狙いやすく、宝具を使うことで敵全体にダメージを与え、敵の防御力を下げることができるので、Arts攻撃でNPを溜めながら高いダメージを狙うこともできます。

サーヴァント強化クエストをクリアすると第2スキルの強化と第3スキルの取得を行うこともでき、強化後にはサポート能力がさらに上昇します。

マルタの難点

マルタはHPステータスが高く、ATKステータスが低めのサーヴァントであり、自己強化スキルも持たないので高いダメージを狙い辛くなっています。

宝具を使っても高いダメージは狙い辛く、味方サーヴァントの補助がないとアタッカーとして使う場合はかなり物足りない性能なのが難点の1つとなっています。

さらにマルタはライダークラスなのでスター集中率が高く、スターが多くある場合はマルタのコマンドにスターが偏ってしまう場合もあります。

火力面とスター集中率の高さはバトル時に問題になることもあるので、マルタを使用する際には味方サーヴァントや概念礼装を考えて編成する必要があります。

メディア

メディアはArtsコマンドを3枚持ち、Arts属性の単体攻撃宝具を持った星3のキャスターです。

星3サーヴァントなので高レア度サーヴァントより狙いやすく、フレンドポイント召喚でも手に入れることができます。

メディアの利点

メディアはArtsコマンドを3枚持ち、宝具もArts属性なのでArtsチェインの補助がしやすくなっています。

さらに自身の第1スキル「高速神言」を使えばスキルレベルが1でも「80%」のNPチャージができ、素早い宝具発動が狙いやすいのも利点の1つです。

メディアの宝具「破戒すべき全ての符」は敵単体にダメージを与え、自身のNPをリチャージし、敵に付与されているバフ効果を全て解除できるので、サーヴァント戦などで役立てやすい効果を持っています。

霊基再臨を行い、絆レベルが上がると宝具強化を行うこともでき、第2スキルでHP回復もできるので、アタッカーとしてアーツパで使いやすい性能を持っています。

メディアの難点

メディアは自己強化スキルを持たず、星3サーヴァントなので高レア度サーヴァントに比べてステータスが低くなっています。

通常攻撃、宝具によるダメージが少し低めなのが欠点であり、アタッカーとして使う場合は味方の補助などが重要になります。

さらにHP回復スキルはありますが、回避や防御力アップなどの耐久スキルがなく、敵サーヴァントの宝具ダメージなどを受ければすぐに倒されることもあります。

序盤から宝具を発動しやすいのは利点ですが、火力面、耐久面は味方の補助が必要となるので注意が必要です。

序盤のクイックパで使えるサーヴァント

序盤からクイックパを編成する場合、扱いやすいサーヴァントとして「ジャック・ザ・リッパー」、「カーミラ」、「風魔小太郎」、「ビリー・ザ・キッド」などが挙げられます。

ジャック・ザ・リッパー

ジャック・ザ・リッパーはQuickコマンドを3枚持ち、Quick攻撃時のスター発生率も高めの星5のアサシンです。

ストーリー召喚で狙うことができるので、リセマラ時でも入手することが可能であり、クイックパの中心として使える性能を持っています。

ジャック・ザ・リッパーの利点

ジャック・ザ・リッパーはQuickコマンドが3枚と多く、宝具もQuick属性の単体攻撃宝具となっています。

Quickチェインを繋ぎやすいのも大きな利点ですが、ジャックはQuick攻撃時のスター発生率が高く、NP効率も良いので、Quick攻撃だけでも宝具発動を狙っていけます。

第1スキル「霧夜の殺人」を使うことでQuick性能を上昇し、回避を付与することができ、Quick性能アップは宝具のダメージアップにも繋げられます。

さらにジャックの宝具には「女性特攻」効果もあり、敵が女性なら特攻効果で高いダメージを狙うこともできます。

他のQuickコマンドが多いサーヴァントと組み合わせるとQuickチェインなどを活かして多くのスターを生み出すことができ、毎ターンかなりの確率でクリティカルを狙っていけるので、ジャックをアタッカーとして使うことも可能です。

カーミラ

カーミラはQuickコマンドを3枚持ち、クイックパのアタッカーとして使いやすい星4のアサシンです。

チュートリアル召喚の対象となっている星4サーヴァントの1体でもあり、NPチャージスキルを持つので宝具発動が狙いやすくなっています。

カーミラの利点

カーミラはQuickコマンドが3枚あるのでQuickチェインの補助が狙いやすく、Arts、QuickのNP獲得性能が良いので宝具発動を狙いやすいという利点もあります。

さらに第1スキル「吸血」を使うことで自身のNPをチャージすることもでき、スター発生の補助をしながら宝具でダメージを狙っていけます。

カーミラの宝具「幻想の鉄処女」は敵単体に女性特攻が付与された攻撃を行い、自身のHPを回復し、3ターン攻撃力アップを行う効果を持っています。

宝具発動後には高いダメージを狙いやすくなり、自身のATKステータスも高めなのでクリティカル発生時に大ダメージを与えやすいのも大きな利点となっているサーヴァントです。

風魔小太郎

風魔小太郎はQuickコマンドを3枚持ち、Quick属性の全体攻撃宝具を持った星3のアサシンです。

星3サーヴァントなのでストーリー召喚などでも入手できる機会が多めであり、フレンドポイント召喚でも狙うことができます。

風魔小太郎の利点

風魔小太郎はQuickコマンドを3枚持ち、Quick攻撃でのスター発生率も高めとなっています。

Quickチェインが合わされば多くのスターを獲得しやすく、さらに第2スキルに味方単体に回避とスター発生率上昇を付与するスキルを持つので、自身や味方の攻撃時に多くのスター獲得を狙いやすくできます。

風魔小太郎の宝具「不滅の混沌旅団」は敵全体に攻撃を行うことができ、Quick攻撃の攻撃なのでQuickチェインの補助をしながらダメージを狙うことも可能です。

アサシンでは少ない全体攻撃宝具持ちのサーヴァントであり、スター発生率も良いので、序盤からクイックパを作る際にはおすすめのサーヴァントとなっています。

風魔小太郎の難点

風魔小太郎はスター発生率が良いのが利点ですが、ATKステータスが少し低めであり、自己強化スキルを持たないので火力が低くなっています。

クリティカルが出た場合でも他サーヴァントに比べればダメージが低くなってしまい、火力の低さが難点になる場合もあるので、概念礼装などで火力面のサポートを行う必要があります。

風魔小太郎をクイックパで使う場合、火力面の強化や生み出したスターでダメージを狙えるアタッカーを別で用意するなどの対策をしておくと扱いやすくなります。

ビリー・ザ・キッド

ビリー・ザ・キッドはQuick属性の単体攻撃宝具を持った星3のアーチャーです。

Quickコマンドは2枚しか持ちませんが、獲得したスターを使ってダメージを狙えるクイックパのアタッカーとして使える性能を持っています。

ビリー・ザ・キッドの利点

ビリー・ザ・キッドは第1、第3スキルに自身のクリティカル威力を上昇する効果を持っています。

両方発動している場合、クリティカル発生時にかなりのダメージを狙うことができ、パーティーにアサシンが多い場合はアーチャーのビリーにスターが集まりやすいので、スター集中スキルがなくてもクリティカルを狙いやすいという利点もあります。

さらにビリーは第2スキルで自身のNPを溜めることができ、ダメージを狙いながら素早い宝具発動を狙いやすいのも利点の1つとなっています。

宝具や自身のQuickコマンドでQuickチェインの補助を行い、スキル発動時には高いダメージを狙えるアタッカーとして使うことができ、序盤のクイックパではかなり活躍できる性能を持っています。

ビリー・ザ・キッドの難点

ビリー・ザ・キッドはクリティカルで大ダメージを狙えるサーヴァントですが、クリティカル威力アップ効果を活かすにはスキルレベルの上昇が必要になります。

特に第1スキルはスキルレベルが高いほどクリティカル威力が上昇するので、スキルレベルをある程度上げておかないと大幅な火力アップには繋がらないという難点があります。

ビリーをアタッカーとして使う場合、できる限りスキルレベルを上げてからパーティーに編成することをおすすめします。

序盤のバスターパで使えるサーヴァント

序盤でバスターパを編成する場合、「アルトリア・ペンドラゴン」、「ヘラクレス」、「ランスロット」、「清姫」などが使いやすいサーヴァントとして挙げられます。

アルトリア・ペンドラゴン

アルトリア・ペンドラゴンはBuster属性の全体攻撃宝具を持った星5のセイバーです。

ストーリー召喚で狙える星5の1体であり、Buster性能アップスキルを持っているのでバスターパで扱いやすい性能を持っています。

アルトリア・ペンドラゴンの利点

アルトリア・ペンドラゴンはBusterコマンドは2枚しかありませんが、Buster属性の全体攻撃宝具を持っています。

さらに第1スキルに味方全体の攻撃力アップスキル「カリスマ」を持ち、第2スキルに自身のBuster性能アップスキル「魔力放出」を持っているので、序盤からでも火力を出しやすく、Busterチェインが合わさると大ダメージを狙えます。

魔力放出は宝具のダメージアップに繋げることもでき、敵がランサー、バーサーカークラスなら宝具で高いダメージを与えることもできます。

アルトリアはバスターパのメンバーにいれるとスキル性能を活かしやすくなり、序盤のバスターパでは火力役として扱いやすい性能を持っています。

アルトリア・ペンドラゴンの難点

アルトリア・ペンドラゴンは強化スキルを多く持ちますが、代わりに耐久に役立つスキルを1つも持っていないという欠点があります。

高HPの敵が登場した場合、バスターパでも長期戦になることがあるので、耐久スキルがないと長くバトルで耐えるのが難しくなっています。

アルトリアをバスターパに編成する場合、耐久面をサポートできるマスター礼装やサーヴァントが必要となります。

ヘラクレス

ヘラクレスはBusterコマンドを3枚持ち、Buster属性の宝具を持ったバーサーカーです。

チュートリアル召喚で狙える星4サーヴァントの1体であり、チュートリアル召喚内でも当たりと言われる声が大きいサーヴァントとなっています。

ヘラクレスの利点

ヘラクレスはバーサーカーなので敵から受けるダメージが高くなりますが、ヘラクレスはスキルに回避スキルとガッツ付与スキルを持ち、耐久力が高くなっています。

耐久力を活かして長い間アタッカーとしてバトルで戦うことができ、第1スキルで自己強化も行えるのでBuster攻撃時のダメージアップにも繋げられます。

さらに第1スキルは宝具や他コマンドのダメージアップにも繋げることができ、ヘラクレスは敵に対して与えるダメージが高いのでかなり効果を役立てやすいのも利点となっています。

宝具、通常攻撃で大ダメージを与えながら耐久力も高いので、バスターパのメンバーとして扱いやすい性能を持っています。

ヘラクレスの難点

ヘラクレスは耐久スキルを2つ持っていますが、序盤は霊基再臨が難しく、特に第3スキルの取得が遅れてしまうことが多くなっています。

ヘラクレスの第3スキル「戦闘続行」は自身にガッツを付与するスキルを持ち、自身の耐久にかなり役立つスキルとなっているので、取得が遅れるのはかなりの欠点にもなります。

序盤で火力役として使う場合、耐久力に少し難があるので、マスター礼装のスキルなどでサポートすることをおすすめします。

ランスロット

ランスロットはBusterコマンドを3枚持ち、Busterチェインの補助として使いやすい星4のバーサーカーです。

チュートリアル召喚での入手はできませんが、Busterパの火力役として使いやすく、クリティカルを狙える性能を持っています。

ランスロットの利点

ランスロットはBusterコマンドを3枚持っているので、バスターパのメンバーとして扱いやすい性能を持っています。

さらに自身のスキルを使うことで「スター集中率アップ」、「スター発生率アップ」、「NP獲得量アップ」+「クリティカル威力アップ」を自身に付与することができ、バーサーカーながらクリティカルアタッカーとしても使えます。

ランスロットの宝具「騎士は徒手にて死せず」はQuick属性の宝具であり、hit数も多いので第2スキルと合わせて使うとスター獲得を狙うことができ、生み出したスターは第1スキルで自身に集められます。

Busterチェインを狙いながら時にはクリティカルでダメージを狙うこともでき、アタッカーとして優秀な性能を持っています。

ランスロットの難点

ランスロットは耐久スキルを持たず、バーサーカーなので敵から高いダメージを受けやすくなっています。

攻撃が集中するとすぐに倒される場合もあり、耐久力の低さはかなりの難点となっています。

ランスロットを使用する場合、耐久面をサポートできる味方サーヴァントなどと組み合わせて使うことをおすすめします。

清姫

清姫はBusterコマンドを3枚持ち、Buster属性の全体攻撃宝具を持った星3のバーサーカーです。

星3サーヴァントなのでフレンドポイント召喚で入手を狙うこともでき、ストーリー1章をクリアすれば報酬として手に入れることもできます。

清姫の利点

清姫はBusterコマンドを3枚持ち、宝具もBuster属性なのでバスターパに編成するとBusterチェインを狙いながら高いダメージを与えられます。

さらにサーヴァント強化クエストをクリアすると第3スキルを取得でき、第3スキルにはBuster性能アップの効果もあるので、バスターパのメンバーとして性能を活かしやすくなっています。

清姫の宝具「転身火生三昧」は敵全体にダメージを与えることができ、第3スキルを取得しているとダメージアップも狙えます。

星3サーヴァントなので宝具レベルも上げやすく、通常攻撃、宝具のどちらでもダメージを狙っていける性能を持っています。

清姫の欠点

清姫は耐久スキルが第1スキルの「変化」しかなく、序盤では耐久力の低さが難点となります。

さらに宝具を使用を狙う場合、Artsコマンドが少ない清姫はNPを溜め辛いのも欠点となるので、概念礼装や味方のNP補助などが必要になります。

序盤では第3スキルの取得が難しいのも難点であり、味方の補助がないと長期耐久が難しいので注意が必要です。

ゲーム開始序盤ではパーティー編成はかなり重要になる場合もあります。

アーツパ、クイックパ、バスターパのいずれかを組んでクエストに挑戦すると攻略が楽になることもあるので、所持サーヴァントや概念礼装を確認し、自身に合いそうなパーティー編成を行うのがおすすめです。


強力なサーヴァントを入手する方法

FGOでは自身が持つサーヴァント、概念礼装を使って様々なパーティーを編成できます。

パーティー編成時にサーヴァントの持つコマンドカードやそれに合わせて概念礼装を装備させることでアーツパなどのパーティーを作ることもでき、強力なパーティーは素早いクエスト攻略に役立ちます。

しかし、ゲームを開始したばかりの初心者はアーツパなどを作る為のサーヴァント、概念礼装が足りない場合もあり、ガチャを引いてサーヴァントなどを揃える必要があります。

実は、無課金でもかなりガチャを回すことができる方法が存在します。

以下にご紹介しておきますので、参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
無課金でガチャを回して強力なサーヴァントを入手する方法

ちなみに、この方法はいつまで有効かわからないので、なるべく早めに試しておいてくださいね!

上記の方法で強力なサーヴァント、概念礼装を入手し、様々なパーティー編成を考えてみてください!

フェイトといえばアニメ!

魅力的なキャラクターが大量に登場するFGOですが、フェイトシリーズはほかにもたくさんあり、その軸をなしているはアニメシリーズです。

アニメにハマってFGOも始めた人お多いかと思いますが、数あるアニメシリーズを網羅できている人はまだ少ないのでは?

アニメを見ると登場するキャラクターのことをより深く知ることができるので、FGOの楽しさも倍増しますよ!

アニメシリーズの概要と上手なアニメの見方についてまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。
↓   ↓   ↓
フェイトシリーズのアニメをチェックしてFGOをもっと楽しむ!

 

アルトリアやエミヤが華麗に飛び回るバトルシーンは必見です。

ゲームに疲れたらアニメで休憩してみるのもいいですね♪
 

最後までお読みいただきありがとうございました!

この記事が役に立ちましたら、ブックマーク・SNSでのシェアをよろしくお願いいたします。